Skip to navigationSkip to content

【2月25日開催】グローバルの主戦場、インドスタートアップの現在地

  • Sota Toshiyoshi
By Sota Toshiyoshi

Editor in Chief (Quartz Japan)

Quartz Japanが平日夕方にお送りしているニュースレター「Deep Dive」は、世界のビジネスの最前線で起きていることを深掘りしてお届けしています。

毎週月曜にお送りしているのは、連載「Next Startups」。WiLパートナー久保田雅也さんによるナビゲートのもと、毎週1つ、世界の大きなトレンドを象徴するような新たなスタートアップにフォーカスして、そのビジネスモデルやバックグラウンドに迫っています。

2年目を迎える今年、この連載が大きく拡大します。ニュースレターに留まらずウェビナーシリーズをスタート。毎月、世界各地の最前線のスタートアップ事情を深くお伝えします。

ウェビナーは全9回を予定していますが、2月25日(木)に開催する第4回では、第1回に続き、再びインドにフォーカス。BEENEXTの佐藤輝英さんをお招きして開催します。お申込みはこちらのフォームから。

人口増加と経済成長を続け、巨大な市場として世界が注目するインド。第1回では、公用語が22もあるインドの「多言語性」に注目し、2025年には約14億人に達するともされる巨大市場における「ローカライズ」に取り組むスタートアップを紹介しました。

第4回では、その巨大な人口を背景にした「データアルゴリズム」の生成基地としてのインドに注目。60分のウェビナーを通して、データを武器に気候変動をはじめとする社会課題を解決するインド発、世界で戦うスタートアップの姿が見えてくるはずです。

世界のビジネスリーダーが見ている景色

本ウェビナーが取り上げるエリアは、Quartzが追いかけてきた、世界の新興市場。Quartzが支局をもつインド、アフリカはもちろん、発展めざましいインドネシアやイスラエル、アジアと世界をつなぐスタートアップハブであるシンガポールや、“ポスト資本主義”のロールモデルとして注目すべき北欧と、ここ日本を繋ぎます。

毎月1回、全9回を予定している本ウェビナーには、世界各地で活躍する日本人VCの皆さんの出演が決定しました。毎回、現地で注目の(日本ではまだよく知られていない)スタートアップをVCの皆さんに紹介いただきながら、久保田さんと議論いただきます。

新たなビジネスの姿と、それが生まれるべくして生まれたカルチャー・風土・背景を、現地の声で伝えるウェビナー。世界を目指すビジネスパーソンはもちろん、ここ日本では何を生み出せるかを考えるための「次世代のスタートアップ地図」を描く時間を、Quartz読者の皆さんと共有したいと思っています。

本ウェビナーシリーズは、Quartz Japanの有料会員限定であれば無料でご参加いただけます。この機会にぜひニュースレターとともに体験ください(こちらの登録ページ

第4回:グローバルの主戦場となったインド

  • 日程:2月25日(木)11:00〜12:00(60分)
  • 登壇者:佐藤輝英さん(Founder, BEENEXT)、久保田雅也さん、Quartz Japan編集部員(モデレーター)
  • 参加費:無料(Quartz Japan会員限定)
  • 参加方法:こちらの応募フォームよりご登録ください
  • 特別なご案内:イベント終了後に30分程度、Clubhouseでのアフタートークを予定しています。
  • 登壇者プロフィール佐藤輝英|Founder, BEENEXT
    慶應義塾大学総合政策学部在学中からソフトバンクでサイバーキャッシュ(現ベリトランス)の立ち上げに参画。2000年、ネットプライス(現BEENOS)社長に就任し、04年東証マザーズに上場。11年アントレプレナーとしての経験を元に次世代起業家をサポートすべく、スタートアップ支援プログラム「Open Network Lab」を共同設立。 14年BEENOS社長を退任。15年シンガポール拠点のベンチャーキャピタルBEENEXTを設立。インド、東南アジアなど新興国のインターネット企業への投資を進め、グローバルな起業家ネットワークを構築中。

第4回以降のラインナップも決定!

日程(月1回開催):

  1. 〈終了〉2020年11月26日〜インド・パート1:日本人VCが語る、インド攻略法(河村悠生さん・Akatsuki)
  2. 〈終了〉2020年12月17日〜アフリカ:日本人VCが語る「カンブリア爆発前夜」のアフリカ(品田諭志さん・Kepple Africa Ventures)
  3. 〈終了〉2021年1月〜シンガポール:「投資減速はウソ」 東南アジアの今(蛯原健さん・Rebright Partners)
  4. 2021年2月〜インド・パート2(佐藤輝英さん・BEENEXT)
  5. 2021年3月〜イスラエル(寺田彼日さん・Aniwo)
  6. 2021年4月〜ヨーロッパ(上前田直樹さん・Global Brain)
  7. 2021年5月〜インド・パート3(村上矢さん・Incubata Fund India)
  8. 2021年6月〜インドネシア(鈴木隆宏さん・Genesia Ventures)
  9. 2021年7月〜ヨーロッパ・パート2(宗原智策さん・NordicNinja)

※ 各回の開催予定は、Quartz Japan読者の皆さまへのニュースレターのほか、QZ.comでもお知らせします。

登壇者プロフィール:

寺田彼日|Founder & CEO, Aniwo
京都大学経営管理大学院修了(MBA)、大阪大学経済学部卒。Sloganの京都支社起ち上げ、トルコKoç Universityへの研究者派遣留学を経て、Benesse Corporationにてデジタルマーケティング及び社内新規事業に携わる。2014年イスラエルに渡りAniwoを創業。日本 – イスラエル間のオープンイノベーション推進、イノベーション人材の育成・採用サービス運営、サイバーセキュリティ事業を手掛ける。

上前田直樹|Partner, Global Brain
ソニー、Sony Network Entertainment Int’lを経て、グローバルブレインに参画。ソニーでは、ソフトウェアエンジニアとして、AI、ビッグデータ技術の研究開発および、VAIOやPlayStationなどへの事業適用をリード。グローバルブレインでは、AI、クラウド、サイバーセキュリティ、フィンテック領域の投資および、ヨーロッパ・イスラエルの投資とビジネスデベロップメントを担当している。

村上矢|Founder & General Partner, Incubate Fund India
University of Illinois at Urbana-Champaign(政治学専攻・歴史学副専攻)卒業。野村證券グループの東京及びニューヨーク拠点にて一貫してIT・インターネット領域のスタートアップを担当し、多くの企業をIPOへと導く。2014年にインドへと移り、現地にてスタートアップ立ち上げを経験。2016年にIncubate Fund Indiaを設立しジェネラルパートナー就任、現在に至る。

鈴木隆宏|General Partner, Genesia Ventures
早稲田大学スポーツ科学部卒業。2007年、サイバーエージェント入社。11年よりサイバーエージェント・ベンチャーズ(現:サイバーエージェント・キャピタル)へ入社し、日本におけるベンチャーキャピタリスト業務を経て、インドネシア事務所代表に就任すると共に、東南アジアにおける投資事業全般を管轄。2018年、株式会社ジェネシア・ベンチャーズに参画。

宗原智策|Managing Partner, NordicNinja VC/JBIC IG Partners
慶應義塾大学卒業。国際協力銀行(JBIC)にて、M&A投資の方針・戦略立案や欧州のクリーンテクノロジー向け投融資を行う。また、メキシコに3年赴任し、EV事業や再エネファンドの設立にも従事。その後JBICと経営共創基盤(IGPI)でのJVであるJBIC IG Partnersの立ち上げに参画し、ロシア・欧州向けのベンチャー投資をリード。2019年にNordicNinja VCの設立と共に拠点をフィンランドに移し、現在に至る。

📬 Kick off each morning with coffee and the Daily Brief (BYO coffee).

By providing your email, you agree to the Quartz Privacy Policy.