Skip to navigationSkip to content

Daily Brief:ファイザーに3回目接種の可能性、五輪中止「まだ選択肢」、香港の重鎮は戦い続ける、ヒトとサルの胚をめぐる倫理的な問題

ファイザーに3回目接種の可能性、五輪中止「まだ選択肢」、香港の重鎮は戦い続ける、ヒトとサルの胚をめぐる倫理的な問題…。Quartz Japanが平日毎朝お送りしているニュースレター「Daily Brief」では、世界から「今起きていること、次に起きること」をお伝えしています。

This story was published on our Quartz Japan newsletter, A glimpse at the future of the global economy-in Japanese.
Published

Daily Brief

世界で今起きている事

Quartz読者の皆さん、おはようございます。今日も世界で今起きていることをまとめてチェックしましょう(英語版はこちら)。

Image copyright: REUTERS/SANDRA SANDERS
  1. 日本政府関係者が五輪の中止は 「まだ選択肢の一つ」 と発言。与党・自民党の幹事長は、 「感染症を蔓延させたら、何のための五輪か分からない」と述べました。
    A Japanese official said canceling the Olympics is “still an option.” The secretary-general of the ruling Liberal Democratic Party said it wasn’t worth holding the games if they contributed to the spread of Covid-19.
  1. またも北京を砂ぼこりの雲が包み込んだ。モンゴルや中国の内モンゴル自治区から強風で運ばれてきた粒子が、空を黄色く染め、汚染レベルが急上昇しました。
    Another sand and dust cloud engulfed Beijing. The sky turned yellow and pollution levels skyrocketed as high winds carried particles from Mongolia and China’s Inner Mongolia region.
  1. シティバンクが13の市場で個人向け銀行事業を停止。シティグループ(Citigroup)のリテールバンキング撤退によって影響を受けるのは、中国、インド、韓国、オーストラリアなどで、主にアジアの国々です。
    Citibank is shutting down consumer banking operations in 13 markets. The affected countries are mostly in Asia, and include China, India, Korea, and Australia.
  1. フリップカートはオンライン旅行予約会社を買収した。報道によると、米小売大手のウォルマート(Walmart)傘下でインドのネット通販大手、フリップカート(Flipkart)は、苦境に陥っているクリアトリップ(Cleartrip)に約4,000万ドル(約43億4,900万円)を支払ったとされます。
    Flipkart bought an online travel booking company. Walmart’s India subsidiary reportedly paid about $40 million for struggling Mumbai-based Cleartrip.
  1. 日本の大使は中国から文句を言われた。中国の外務次官補は日本の駐中国大使を呼び出し、100万トン以上にも及ぶ福島原子力発電所の処理水を海洋に放出するという日本の決定は国際法に違反する可能性がある、と抗議しました。
    Japan’s ambassador got an earful from China. The assistant foreign minister said Japan’s decision to release more than 1 million metric tons of treated water from the Fukushima nuclear facility into the ocean could violate international law.
  1. インドで24時間当たりのCOVID-19感染者数が20万人を超えた。火葬場はフル稼働しており、インド政府が死者数を過小報告している可能性があります。一方、米ファイザー(Pfizer)のCEOは、ワクチンの効果を高めるために、12カ月以内に3回目の接種が必要になる「可能性が高く」、毎年ワクチンを接種しなければならなくなるかもしれない、と語りました。
    India counted over 200,000 Covid-19 cases in 24 hours. Overwhelmed crematoriums may indicate the government is undercounting deaths. Meanwhile, Pfizer’s CEO said people will “likely” need a vaccine booster within 12 months and may end up requiring an annual jab.
  1. ジェフ・ベゾスの後継者は、インドに対するアマゾンの「本気」を示した。CEOに就任予定のアンディ・ジャシーは、インドで行われている同社のイベントに土壇場で登場し、2億5,000万ドル(約271億8,000万円)のベンチャーファンドを発表しました。
    Jeff Bezos’s successor showed Amazon is serious about India. Incoming CEO Andy Jassy made a last-minute appearance at the company’s annual India event, where he announced a $250 million venture fund.

👂Daily Briefの英語での読み上げ音声、今日はニュースレターエディターのSusan Howsonが担当しています。英語学習等にぜひお役立てください。

What to watch for

香港の重鎮は戦い続ける

Image copyright: REUTERS/TYRONE SIU

違法集会を組織・参加した罪で有罪とされたジミー・ライに本日16日、量刑が言い渡されます。中国当局が香港の法制度を利用して、政治的に敵対する者を取り締まろうとしていることを象徴する出来事になるでしょう。

73歳の香港メディア界の重鎮で、香港最大の民主派新聞「アップル・デイリー」(蘋果日報)を創業したライは、「外国勢力との共謀」という香港国家安全維持法違反罪と、別の詐欺罪に問われ、保釈が認められないまま、獄中で数カ月を過ごしてきました。

ライは昨年8月、他国に中国への制裁を求めたとして、中国が立法を主導した香港国家安全維持法違反で逮捕されました。ライが問われたのは、この法律で新たに定義された曖昧な4つの犯罪行為の一つ、「外国勢力との共謀」です。彼は今月、獄中から自身の新聞社の従業員に向けたメッセージを発表。香港において、言論の自由を守るという仕事が「危険にさらされている」とした上で、「堂々としていよう」と呼びかけました。

事件をめぐる主な出来事を見てみましょう。

  • ライは、2019年8月18日に行われた平和的な抗議活動に加わったことが「違法集会への参加」とみなされ、民主活動家ら6人とともに判決が言い渡されました。7人全員が無罪を主張しましたが、有罪となりました
  • 今日の法廷では、ライの共謀罪と詐欺罪についても言及される見通しで、共謀罪で有罪となった場合、終身刑が言い渡される可能性もあります。

Charting bitcoin’s latest surge

ビットコイン急上昇

仮想通貨メディアのコインデスク(CoinDesk)によると、暗号通貨取引所の最大手、コインベース(Coinbase)が860億ドル(約9兆3,500億円)の上場を果たしたことを受けて、ビットコインの取引価格は1年前の約7,000ドル(約76万円)から、6万4,000ドル(約696万円)を上回る価格にまで上昇しました。

価格が高騰する背景には、コインベースの上場によって「より多くの投資家に暗号資産への道が開かれる」との市場の期待がある、と投資調査会社、DAダビッドソン(D.A. Davidson.)のリサーチディレクターであるギル・ルリア(Gil Luria)は指摘します。また、デジタル資産の価格高騰は、取引でほとんどの収益を上げているコインベースにとっても朗報です。

SURPRISING DISCOVERIES

世界のトリビア

  1. 米国最高のブロードバンド環境は予想外の場所に。それはテネシー州のチャタヌーガで、市によって運営されています。
  1. 現実逃避するためのメタバースを構築中。エピックゲームズ(Epic Games)は、このビジョンを作り上げるため、10億ドル(約1,090億円)を調達しました。
  1. Spotifyが初の専用デバイスを無料配布。Spotify Premium加入者の一部は、Spotifyを車内で楽しむためのデバイス「Car Thing」を無料で手に入れましたが、80ドル(約8,700円)で販売もされる予定です。
  1. 発表された「ヒトとサルの胚」には倫理的な問題が山積している。キメラ胚を3週間生存させていた科学者たちは、この画期的な技術が移植用臓器の生成に役立つと考えています。
  1. フィリップ殿下の報道をめぐってBBCに10万件以上のクレーム。視聴者は『イーストエンダーズ』(EastEnders)の放送を急遽、取りやめたことが不満だったようです。

【今日の夕方は…】

Image copyright: REUTERS/FRED PROUSER

若い世代を中心にいま、2000年代のトレンドをリバイバルさせた「Y2K」(Year 2000)が注目されています。今日の「New Cool」では、かつて世界を席巻したエネルギッシュなスタイルに現代の若者が夢中になる理由に迫ります。

🌍 ウェビナーシリーズ「Next Startup Guides」への参加申込みを受付中です。4月28日(水)に開催する第6回では、Global Brainの上前田直樹さんをゲストに迎え、英国を中心としたヨーロッパにフォーカスします。詳細・お申込みはこちらから。

🎧 Podcastでは月2回、新エピソードを配信しています。AppleSpotify

👀 TwitterFacebookでも最新ニュースをお届け。

👇 のボタンから、このニュースレターをTwitter、Facebookでシェアできます。ニュースレターの転送もご自由に(転送された方へ! 登録はこちらからどうぞ)。