Skip to navigationSkip to content

Daily Brief:習近平抜きでCOP26、米国がワクチン接種済旅行者に国境を再開放、中国経済は崩壊するのか、動物のソーシャルディスタンスと隔離

習近平抜きでCOP26、米国がワクチン接種済旅行者に国境を再開放、中国経済は崩壊するのか、動物のソーシャルディスタンスと隔離…。今日も世界で今起きていることをお届けします。

This story was published on our Quartz Japan newsletter, A glimpse at the future of the global economy-in Japanese.
Published

Daily Brief

世界で今起きている事

Quartz読者の皆さん、おはようございます。今日も世界で起こっていることをまとめてお届けします。

Image copyright: REUTERS/Carlos Garcia Rawlins
  1. 米国は11月8日から、各国からのワクチン接種済み旅行者に国境を再び解放する。ジョー・バイデン大統領は、10月末までに、「非常に限定的な例外」に関する情報を含む、より詳細なガイダンスを発表する予定です。
    The US is reopening its border to vaccinated travelers from dozens of countries on Nov. 8. President Joe Biden will provide more detailed guidance—including information about “very limited exceptions”—by the end of October.
  1. 習近平はCOP26に出席しない。中国の国家主席は、約2年間、国外に出ておらず、国連気候変動枠組条約第26回締約国会議(COP26)のために英グラスゴーに向かう予定もありません
    Xi Jinping confirmed he won’t attend COP26. The Chinese leader hasn’t left the country for nearly two years, and doesn’t plan to head to Glasgow for the climate summit. ​
  1. 英国の下院議員、デビッド・エイメス殺害容疑で、男がテロ対策警察の取り調べを受けている。逮捕された25歳のアリ・ハービ・アリ(Ali Harbi Ali)は、ソマリア出身の英国人で、父親はソマリアの元首相顧問です。
    The suspected killer of British MP David Amess is being questioned by counterterrorism police. Ali Harbi Ali, 25, is a British national of Somali origin—his father is a former adviser to the prime minister of Somalia.
  1. ハリウッドのストライキは中止に。土曜日(16日)に合意された労働協約により、約6万人の労働者によるストライキはなくなり、映画・テレビ番組制作は継続できるようになりました。
    The Hollywood strike is off. A deal agreed on Saturday (Oct. 16) means around 60,000 workers will no longer walk out, and productions can continue.
  1. 『イカゲーム』は、Netflixにとって9億ドル近い価値がある。ブルームバーグによると、大ヒットしている韓国ドラマは、Netflixが番組のパフォーマンスを評価する際に使用している指標「インパクトバリュー」で、8億9,110万ドル(約1,010億円)を生み出しました。
    Squid game is worth close to $900 million to Netflix. According to Bloomberg, the hit South Korean drama generated $891.1 million in impact value, which Netflix uses to assess shows’ performance.

👂 Daily Briefを英語音声でも。上のボタンから、英語学習などにぜひお役立てください。

What to watch for

アフリカの司令塔不在

Image copyright: REUTERS/ Sumaya Hisham/File Photo

国連のアフリカにおけるパンデミック復興支援活動は誰が担うのでしょうか?

同僚との不倫騒動で辞任し、英国のパンデミック対応をめぐっても批判を浴びていた英国の元保健相のマット・ハンコックにオファーがありました。しかし、非アフリカ人の起用をめぐっても批判が相次ぎ、QuartzのMaxine Betteridge-Moesの報告によると、このオファーはすぐに撤回されました

そのため、このポジションはまだ空いており、やるべきことはたくさんあります。 アフリカの人口の5%未満しかワクチン接種を完了しておらず、アフリカ大陸の経済予測は暗いものとなっています。

Could China’s economy collapse?

中国経済は崩壊するのか

中国は約半世紀にわたり、人類史上で最大級の経済的変革を遂げてきました。集団農場や飢餓から、世界をリードするテック企業、そして、超特急列車で結ばれた煌びやかな「メガシティ」へと変化してきました。

しかし、いま、経済はもう一つの転機を迎えています。

  • 政府は、アリババ(Alibaba、阿里巴巴)やディディ(Didi Chuxing、滴滴出行)のような巨大企業を意図的に追いやり、数十億ドルの市場価値を消してしまった。
  • 不動産開発会社のエバーグランデグループ(Evergrande Group、中国恒大集団)は崩壊の危機に瀕している。
  • 電力不足による製造業や産業の衰退。

中国経済の縮小は、中国と世界にとって、どのような意味を持つのでしょうか。QuartzのJane Li、Samanth Subramanian、John Detrixheが、この重要な課題について解説します

SURPRISING DISCOVERIES

世界のトリビア

  1. 動物はすでにソーシャルディスタンスを保ち、隔離を実践している。病気になると、巣から引きずり出されるミツバチもいます。
  1. 今年のホリデーシーズン、トンカ社製のトラックを欲しがっていた子どもたちへのプレゼントは、代わりに退屈なぬいぐるみになってしまうかもしれない。サプライチェーンの危機的な状況下でも輸送しやすいからです。
  1. あるいは、塹壕戦用のミニチュアを買ってあげるのもいいでしょう。これらのモデルは、第一次世界大戦の「ソンムの戦い」での惨状を再現しています。
  1. 野球の日本伝来は、私たちが思っていたよりも1年早いのかもしれない。150周年は2022年とされていますが、ある歴史家は今年にすべきだと主張しています
  1. 敗北をチームメイトのせいにするのはよくあることだ。ただ、彼らを地面に叩きつけてはいけません

🎧 Podcastは新シリーズ「お悩み相談 グローバルだけど」最新話公開。好物のウナギが絶滅危惧種だと知った方からのお悩み。人間が生きるために避けて通れない「食べる」という行為と、自分と違う意見をもった他者との向き合い方について考えます。お悩み・お便りもこちらから。AppleSpotify

👀 TwitterFacebookでも最新ニュースをお届け。

👇 のボタンから、このニュースレターをTwitter、Facebookでシェアできます。ニュースレターの転送もご自由に(転送された方へ! 登録はこちらからどうぞ)。