Skip to navigationSkip to content

Daily Brief:G7もウクライナ侵攻に警告/仏領ニューカレドニア、独立否決 /世界的なインフレ懸念/木星の10倍の大きさの惑星

G7もウクライナ侵攻に警告/仏領ニューカレドニア、独立否決 /世界的なインフレ懸念/木星の10倍の大きさの惑星……。今日も世界で今起きていることをお届けします。

This story was published on our Quartz Japan newsletter, A glimpse at the future of the global economy-in Japanese.
Published

Daily Brief

世界で今起きている事

Quartz読者の皆さん、おはようございます。本日も世界で今起きていることをお届けします。

Image copyright: Anthony Devlin/Pool via REUTERS
  1. アリババが#MeTooの告発者を解雇した。この女性従業員は、出張中に上司にレイプされたと訴えていましたが、会社側は、彼女が虚偽の発言をして会社の評判を傷つけたとしています。
    Alibaba fired a #MeToo accuser. The employee claimed a supervisor raped her during a business trip; the company now says she made false statements that damaged its reputation.
  1. ナレンドラ・モディのTwitterアカウントがハッキングされた。犯人は、インド首相の7,300万人のフォロワーに向けて、インドがビットコインを法定通貨として採用したと主張するツイートを送りました。
    Narendra Modi’s Twitter account was hacked. The perpetrators sent a tweet to the Indian prime minister’s 73 million followers claiming the country had adopted bitcoin as legal tender.
  1. G7外相は、ロシアがウクライナに侵攻すれば「重大な結果」をもたらすと警告。また、現在行われている協議は、イランが核合意について交渉するための「最後のチャンス」だと述べました。
    G7 foreign ministers warned of “massive consequences” if Russia invades Ukraine. The group also said ongoing talks are the “last chance” for Iran to negotiate a nuclear deal.
  1. EUと英国は、漁業紛争の解決策を見つけた。英国は貿易戦争を避けるためにライセンスを追加発行しますが、フランスの漁業者はいずれにせよ、北部カレー港で英国製品の封鎖を進めるとしています。
    The EU and UK found a solution to a fishing dispute. The UK will issue more licenses to avoid a trade war, but French fishers said they will go ahead with a blockade of British products at Calais anyway.
  1. ワクチンを接種したオーストリア人は、ロックダウンから解放された。感染者数が減少したため、レストランやショップ、文化施設などが再開されます。一方、英国ではオミクロン株の感染拡大を受けて、警戒レベルを引き上げました
    Vaccinated Austrians were freed from lockdown. Restaurants, shops, and cultural venues will reopen after case numbers dropped. Meanwhile, the UK raised its alert level due to omicron’s spread.
  1. イスラエルの首相がアブダビの皇太子と会談。ナフタリ・ベネットは、アラブ首長国連邦と外交関係を樹立して以来、イスラエルの指導者として初めて訪問します
    Israel’s prime minister is meeting Abu Dhabi’s crown prince. Naftali Bennett will be the first Israeli leader to visit the United Arab Emirates since the countries established diplomatic ties.
  1. ニューカレドニアは、投票でフランスの一部であり続けることを決めた。しかし、太平洋の島の独立賛成派が住民投票をボイコットしたため、投票率はわずか44%でした。
    New Caledonia voted to stay part of France. But the Pacific island’s pro-independence parties boycotted the vote, and turnout was only 44%.

👂 Daily Briefを英語音声でも。上のボタンからどうぞ! 英語学習に役立つとの声を多数いただいています。

What to watch for

世界的なインフレ懸念

Image copyright: REUTERS/Tom Nicholson/File Photo

12日(日)まで英国・リバプールで開催されていた、主要7カ国(G7)外相会合。今日(13日)は外交から経済へと軸足を移し、財務大臣会合でインフレについて話し合われます。世界の主要国では消費者物価が記録的に上昇していて、英国では10月に10年ぶりの高水準、ユーロ圏では11月に共通通貨導入以来最高のインフレ率となり、米国では1982年以来最も速いペースでインフレ率が上昇しました。

今回は、金利を引き上げても、サプライチェーンの問題を解決するには十分ではないかもしれません。米連邦準備制度理事会(FRB)、イングランド銀行、欧州中央銀行は、今週末に開催される会合で金利を据え置く可能性が高いですが、FRBのジェローム・パウエル議長は債券購入の段階的縮小のスケジュールを早めることを発表するでしょう。そのあいだ、一般消費者は給料の多くを食料やエネルギーなどの必需品に費やすことになります。

Inflation outpaces US wage gains

賃金上昇とインフレ率

米労働統計局が金曜日(10日)に発表した報告書によると、11月の米国の労働者の平均時給は前年比で約5%上昇しました。しかし、インフレ率の上昇はこれらの利益を帳消しにし、消費者の購買力を低下させ、パンデミック前よりも経済的に不利な状況に追い込んでいます。

明るい話題もあります。米国の低賃金労働者の賃金上昇は、インフレ率に追いついています。例えば、レジャー・ホスピタリティ産業の従業員の場合、先月には、消費者物価と同じ平均0.8%の上昇を記録しました。

SURPRISING DISCOVERIES

世界のトリビア

  1. 天文学者は、木星の10倍の大きさの惑星を発見した。この惑星は、惑星が形成されるには大きすぎると科学者たちが想定していた2つの巨大な星の周りを回っています
  1. イーロン・マスクが採点した課題が7,753ドル(約88万円)で落札された。1995年、テスラ(Tesla)のCEOは、米ペンシルベニア大学ウォートン・スクール・オブ・ビジネスのティーチング・アシスタントを務めていました。
  1. イタリアの司教が子どもたちに「サンタクロースはいない」と言った。彼は、クリスマスの本当の意味を強調しようとしただけだと言います。
  1. ダチョウのCOVID-19抗体を塗ったマスクは、着けた人が感染するとブラックライトで光るようになっている。鳥は、ウイルスに対して強い抵抗力を持っています。
  1. フランク・ロイド・ライトがデザインしたオフィス家具は、「スーサイド・チェア 」と呼ばれている。オフィスチェアはどのようにして、好ましくないものから人間工学に基づいたものになったのでしょうか? レポーターのAnne Quitoが、「Quartz Obsession」ポッドキャスト(英語)の最新エピソードで説明します。

🎧 Podcastでは「お悩み相談 グローバルだけど」の最新話「『縛られない』に縛られない」お悩み相談 グローバルだけどを公開中。お悩み・お便りはこちらから。AppleSpotify

👀 TwitterFacebookでも最新ニュースをお届け。

👇 のボタンから、このニュースレターをTwitter、Facebookでシェアできます。ニュースレターの転送もご自由に(転送された方へ! 登録はこちらからどうぞ)。