Skip to navigationSkip to content

Daily Brief:オランダ、冬休みにロックダウン/英国のEU担当相が辞任/ナイキが第2四半期決算を発表/「アンチ5G」ジュエリー

オランダ、冬休みにロックダウン/英国のEU担当相が辞任/ナイキが第2四半期決算を発表/「アンチ5G」ジュエリー……。今日も世界で今起きていることをお届けします。

This story was published on our Quartz Japan newsletter, A glimpse at the future of the global economy-in Japanese.
Published

Daily Brief

世界で今起きている事

Quartz読者の皆さん、おはようございます。本日も世界で今起きていることをお届けします。

Image copyright: REUTERS/Piroschka van de Wouw
  1. 人員削減が中国のハイテク、教育、不動産分野に打撃を与えている。新たな官僚主義的な規制によって、企業は事業ラインの閉鎖や数万人の解雇を余儀なくされています。
    Job cuts are hitting China’s tech, education and property sectors. New red tape is forcing companies to shut down business lines and lay off tens of thousands of workers.
  1. オランダはオミクロン株を食い止めるため、即座にロックダウンに入った。このロックダウンにより、1月14日まで、生活必需品以外を扱う店舗、レストラン、その他の公共施設はすべて閉鎖されます。一方、中央銀行は、オミクロン株によってインフレが長引くことを懸念しています。
    The Netherlands went into a snap lockdown to stem omicron. The shutdown closed all nonessential stores, restaurants and other public places until Jan. 14. Meanwhile, central banks are worried that omicron will sustain inflation
  1. アリババは、東南アジア部門のラザダの拡大について概要を説明した。Eコマースの巨人、アリババ(Alibaba、阿里巴巴)は、ラザダ(Lazada)の販売総額目標を1,000億ドル(約11.3兆円)に、ユーザーを3億人に増やしたいと考えています
    Alibaba outlined an expansion of its Southeast Asian unit Lazada. The e-commerce giant wants to grow Lazada’s gross merchandise value to $100 billion and its users to 300 million.
  1. ジョー・バイデンによる2兆ドル(約227兆円)規模の支出パッケージの成立に暗雲が立ち込めてきた。国の債務に対する懸念を理由に、米大統領は、採決への態度を明らかにしていなかった民主党議員からの支持を取り付けることはできませんでした
    Passage of Joe Biden’s $2 trillion spending package looks bleak. The US president lost the support of a Democratic holdout senator, who cited concerns over the nation’s debt.
  1. 台湾の与党が国民投票で勝利した。中国にとっては後退と見られるこの結果により、米国との貿易協定への障壁が取り除かれました。
    Taiwan’s ruling party won a referendum vote. The outcome, seen as a setback for Beijing, cleared a barrier to a U.S. trade deal.
  1. ブレグジット交渉のキーパーソンが辞任した。デービッド・フロスト(David Frost)は辞任の理由を政策の違いだとしており、ボリス・ジョンソン首相に新たなプレッシャーを与えることになりました。
    A key Brexit negotiator resigned. David Frost cited differences in policy for his exit, which has put new pressure on prime minister Boris Johnson.

👂 Daily Briefを英語音声でも。上のボタンからどうぞ! 英語学習に役立つとの声を多数いただいています。

What to watch for

ナイキの今後は?

Image copyright: REUTERS/Carlo Allegri/File Photo

本日(20日)、ナイキ(Nike)は第2四半期決算を発表します。これは、収益成長の鈍化がこのアイコニックなシューズブランドのトレンドになるかどうかを示すものであり、初のメタバース取引を終えたばかりのナイキにとって、決定的な発表となります。前四半期の収益増加率は12%と、前年の17%から低下しています。

ナイキのCFOであるマシュー・フレンド(Matthew Friend)は、減速の原因は世界最大のスポーツウエア・ブランドに対する需要の減少ではなく、サプライチェーンの混乱だと述べています。アナリストはナイキが利益予想を引き上げるとは考えていませんが、ホリデーシーズンの販売ピーク時に同社がどのような業績を上げたか、サプライチェーンの課題が緩和されているかどうかに注目することになるでしょう。

ナイキのバーチャルスニーカーへの賭けが売上を大きく伸ばすことになるかどうかを判断するのは時期尚早ですが、アナリストは経営陣が新製品とデジタル販売(前四半期は25%増)による長期的成長に焦点を当てるだろうと予想しています。

Omicron’s threat

オミクロン株の脅威

南アフリカの初期兆候によると、オミクロン株の症状はデルタ株よりもいくらか穏やかな可能性があるようです。しかし、米国では、病院のICUの収容能力はすでに逼迫しています。米国内のICUは現在、79%の収容率で稼働しており、これは2021年9月以降で最も高い水準です。

テキサス州、ロードアイランド州、ニューハンプシャー州など、すでにオミクロン株への感染が確認された州では、ICUのベッドの90%以上が埋まった状態で病院が運営されています。米国でオミクロン株の波が「穏やか」であるという保証はありませんし、すでにギリギリの状態にある病院や医療従事者を圧迫する可能性があることを考えれば、オミクロン株の危険性は考えられているよりも高いとみられます

  • 21,027人金曜日(17日)、ニューヨーク州ではCOVID-19の新規感染者数記録を更新
  • 77カ国オミクロン株が確認された国
  • 5人に1人パンデミック開始以降、現場から離れた米国の医療従事者

SURPRISING DISCOVERIES

世界のトリビア

  1. 陰謀論者が「アンチ5G」ジュエリーを買っている。しかし、このアイテムからは放射性物質が出ていると、オランダの原子力当局が警告しています。
  1. 人間の脳細胞は、AIよりも早くビデオゲーム「ポン」の遊び方を習得できる。 皿の中の何十万もの脳細胞が、電気パルスに反応してポンを打つことを教えられ、AIよりも早くそのパフォーマンスを向上させることができるようになります
  1. 仕事をしていることを周囲に知らせるために、Slackの通知が必要? そのために、偽の通知音で忙しさを演出してくれる「Busy Simulator」があります。
  1. クマムシが、「量子もつれ」を初めて克服した。科学者たちは、この微小動物がクリプトビオシス(隠された生命活動)と呼ばれる生命状態で存在したと考えています。
  1. 空手の最高位である帯の色は、「シックスシグマ」でも同じ。『Quartz Obsession』ポッドキャスト(英語)の最新エピソードで語られているように、経営理論の熱狂的な支持者は、昇給を決めるのに黒帯を使ったこともありました。

🎧 Podcastでは「お悩み相談 グローバルだけど」の最新話「『縛られない』に縛られない」お悩み相談 グローバルだけどを公開中。お悩み・お便りはこちらから。AppleSpotify

👀 TwitterFacebookでも最新ニュースをお届け。

👇 のボタンから、このニュースレターをTwitter、Facebookでシェアできます。ニュースレターの転送もご自由に(転送された方へ! 登録はこちらからどうぞ)。