Skip to navigationSkip to content

Daily Brief:イングランド、大晦日はパーティー/バラ色ではない2022年/2021年宇宙望遠鏡の旅/マックがエアロバイク席を導入

イングランド、大晦日はパーティー/バラ色ではない2022年/2021年宇宙望遠鏡の旅/マックがエアロバイク席を導入……。今日も世界で今起きていることをお届けします。

This story was published on our Quartz Japan newsletter, A glimpse at the future of the global economy-in Japanese.
Published

Daily Brief

世界で今起きている事

Quartz読者の皆さん、おはようございます。2021年最後のDaily Briefです。新年は1月4日に配信再開です。それでは、本日も世界で今起きていることをお届けします(英語ニュースの読み上げはお休みです)。

Simon Dawson/No 10 Downing Street/Handout via REUTERS
  1. ディディが従業員の保有株売却をブロックした。フィナンシャル・タイムズ(FT)がこの無期限禁止措置を報じたことで、中国のライドシェアリング大手、ディディ・チューシン(Didi Chuxing、滴滴出行)の株価は米国市場で下落しました
    Didi blocked its employees from selling shares. The Financial Times report about the indefinite ban sent the Chinese ride-hailing giant’s stock down on the US market.
  1. イングランドは大晦日に新たなCOVID規制は設けない。ボリス・ジョンソン英首相の発表は、1年で最大のパーティー・ナイトがまだ実施できることを意味していますが、英国の他の地域は状況が異なります。一方、ドイツは規制を強化し中国・西安は消毒作業を行い、イスラエルはワクチンの第2次ブースター(4回目接種)計画のトライアルを開始しました。
    England won’t get new covid restrictions for New Year’s Eve. Prime minister Boris Johnson’s announcement means the year’s biggest party night can still proceed, which is not the case in other parts of the UK. Meanwhile, Germany is tightening up, Xi’an is disinfecting, and Israel has begun trials of its second booster plan.
  1. 多くのホリデー旅行者が、まだゴーサインを待っている。オミクロン株の急速な拡大、人手不足、旅行者の急増などにより、米国の航空便は2,000便近くが欠航となりました
    Many holiday travelers still await a green light. Omicron’s rapid spread, a labor shortage, and a massive surge of travelers led to nearly 2,000 canceled US flights.
  1. 2022年は、思っていたほどバラ色ではなさそう。オミクロン株の影響で、エコノミストは米国と世界の成長予測を下方修正しています。
    2022 isn’t looking as rosy as previously thought. Economists are lowering forecasts for both US and global growth, thanks to omicron.
  1. タリバンは、アフガニスタン人女性の単独旅行を違法とした。女性が45マイル(約72キロ)超の移動をする場合、男性の親族が同伴していなければ、交通手段を提供することはできません。
    The Taliban made it illegal for Afghan women to travel solo. Transportation can’t be offered to a woman for a trip exceeding 45 miles (72 km) unless she is accompanied by a male relative.  
  1. 中国によると、米国政府がオリンピックのビザ申請書を提出した。米国は、彼らは公式代表団ではなく、警備・医療支援チームだと主張しています。
    China said the US government submitted visa applications for the Olympics. Washington insists they’re not official delegates, but security and medical support teams.

What to watch for

台湾でチップの祭典

REUTERS/Ben Blanchard

本日(28日)、台湾・台北で年に一度の展示会「Semicon Taiwan」が始まります。世界中のメーカーの最先端のコンピューターチップをお披露目するこの展示会では、今年、中国との緊張関係やオミクロン株の急襲をよそに、過去最高の650社が出展し、世界の半導体市場に君臨する台湾の不動の強さが伺えます(運営会社は、すでに台湾でのコロナ拡大を理由に9月の開催予定を延期していました)。

今回のショーの目玉の一つは「化合物半導体(compound semiconductor)」です。2つ以上の材料を組み合わせて作られたチップのことで、シリコンだけを原料にした半導体では性能の向上が限界に達しつつあるため、多くの半導体メーカーたちが大きな期待を寄せています。

Reaching beyond a different kind of limit

宇宙望遠鏡の旅

米航空宇宙局(NASA)は12月25日、開発に四半世紀を費やした「ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡」を打ち上げました。この88億ドル(約1兆円)のプロジェクトは、当初の予算を約10倍も上回る額で、14年もの遅延を経てようやく出発したものです。

すでに打ち上げから2日で、To doリストのいくつかを完遂しています。

  • ✅ 地球から870マイル(約1400キロ)の高度へ飛ぶ
  • ✅ 地球と通信するためのアンテナを組み立てる
  • ✅ 月を通過
  • 🔲 178個の異なる機構を正確な順序で使用して、サンシールドと主鏡を展開する
  • 🔲 地球から100万マイル(約160万キロ)離れた場所から写真を撮影する
  • 🔲 宇宙空間でくつろぐ

もし、すべてが計画通りに進めば…──それまでに300もの難関がありますが──、この宇宙望遠鏡は1月29日までに最初の写真を撮影することになります。

SURPRISING DISCOVERIES

世界のトリビア

  1. 捜索救助犬の捜索救助が成功した。ジュノ(Juno)は、ドローンの力を借りて発見されました。
  1. ハムスターは魚のように酒を飲む。このげっ歯類は驚くほどアルコール耐性があり、常に水よりもアルコールを選ぶのです。
  1. マクドナルドが中国でエアロバイク席を試験導入。2つの店舗で、利用者はカロリーを消費し、携帯電話を充電しながら、フライドポテトを食べることができるようになります。
  1. ワイン不足は、ブドウのせいだけではない。サプライチェーン危機により、ボトルやコルク、ラベルまでもが高価になっています。
  1. 小売業者は、あなたに不要なホリデーギフトを手元に置いておくように言うかもしれない。たとえ再販売できたとしても、返品コストに見合わない可能性があるからです。

📆 年末のニュースレター配信は12/28夜まで。12/29〜1/3は、朝・夜の配信をお休みさせていただく予定です。

🎧 Quartz JapanオリジナルPodcastでは「お悩み相談 グローバルだけど」の最新話を公開中。お悩み・お便りはこちらから。AppleSpotify

🎧 あたらしいPodcastシリーズはもうお聴きになりましたか? 毎朝お届けしている「Daily Brief」から、最新ニュースを声でもお楽しみいただけます。

👀 TwitterFacebookでも最新ニュースをお届け。

👇 のボタンから、このニュースレターをTwitter、Facebookでシェアできます。ニュースレターの転送もご自由に(転送された方へ! 登録はこちらからどうぞ)。