Skip to navigationSkip to content

Daily Brief:香港、米国便など全面禁止/連邦議会議事堂襲撃事件から1年/ソニーが展開するEV/セレブへの崇拝と認知能力の関係

香港、米国便など全面禁止/連邦議会議事堂襲撃事件から1年/ソニーが展開するEV/セレブへの崇拝と認知能力の関係……。今日も世界で今起きていることをお届けします。

This story was published on our Quartz Japan newsletter, A glimpse at the future of the global economy-in Japanese.
Published

Daily Brief

世界で今起きている事

読者の皆さん、おはようございます。今朝も、世界で今起きていることをお届けします(本日、英語ニュースの読み上げはお休みです)。

Image copyright: REUTERS/Tyrone Siu/File Photo
  1. 台湾がリトアニア・ファンドを創設する。この2億ドル(約230億円)の投資は、リトアニアが「駐リトアニア台湾代表処」の開設を許可した後、中国との間に生じた経済的なトラブルに直接対応するためのものです。
    Taiwan will create a Lithuania fund. The $200 million investment is a direct response to Lithuania’s economic troubles with Beijing after the former allowed Taiwan to open a representative office in its capital.
  1. 香港が全面的な飛行禁止措置。社会的距離を確保するための厳しい対策に加え、米国や英国など8カ国からの旅客便の発着が認められなくなります。
    Hong Kong enacted sweeping flight bans. In addition to strict social distancing measures, passenger flights from eight countries, including the US and the UK, will no longer be allowed.
  1. エバーグランデが猶予を求めた。中国の不動産開発会社、エバーグランデグループ(Evergrande Group、中国恒大集団)は、人民元建て社債の利払い期日について、6カ月の延長を求めています。
    Evergrande asked for a little more time. The Chinese development company wants six more months before it has to make onshore bond payments.
  1. 米国がボスニアのセルビア系指導者に制裁を加えた。米財務省の声明は、ミロラド・ドディックの「分裂的な民族主義的レトリック」と「腐敗行為」を強調しています。
    The US sanctioned the leader of the Bosnian Serbs. The US Treasury’s statement emphasizes Milorad Dodik’s “divisive ethno-nationalistic rhetoric” and “corrupt activities.”
  1. チャイナモバイルが上海上場で77億ドル(約8,900億円)の資金を調達。世界最大の携帯電話会社であるチャイナモバイル(China Mobile、中国移動)がニューヨーク市場で強制的に上場廃止に追い込まれた数カ月後に、この10年で中国最大規模となるIPOが実現しました。
    China Mobile’s Shanghai listing raised $7.7 billion. China’s biggest IPO in a decade came a few months after the world’s largest mobile network operator was forcibly delisted in New York.
  1. メーガン・マークルはプライバシー侵害の和解で1ポンドを得る。名目上の和解金は、どちからといえば象徴的な勝利です
    Meghan Markle will get £1 in a privacy invasion settlement. The nominal fee is more of a symbolic victory.

What to watch for

米議事堂襲撃から1年

Capitol Police patrol the U.S. Capitol in Washington
Image copyright: REUTERS/Tom Brenner

1年前、米国の連邦議会議事堂が襲撃されました。それ以来、700人以上が連邦犯罪に問われ、ドナルド・トランプは2度にわたる弾劾訴追(大統領としては米国史上初)を受け、米国全土がその「制度」のもろさを思い知らされることになったのです。

本日(6日)、首都ワシントンDCでは厳重な警備のもと、歴史学者とのディスカッションや、当時、建物内にいた一部議員の証言などが行われる予定です。

主に、このイベントは、特に民主党にとって政治的な機会として機能するでしょう。彼らはこの記念日とその象徴を利用して、共和党の政治が反乱を助長する役割を果たしたことを強調するのです。当面の目標は、全国的な投票権保護を明記した法律への支持を得ることと、躊躇している民主党上院議員(アリゾナ州のキルステン・シネマとウェストバージニア州のジョー・マンチン)を、上院のフィリバスター(議事妨害)のルールを変更する投票に参加させることです。

Sony is planning to make electric cars

ソニーが展開するEV

ソニーは、米ラスベガスで開催中のコンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)に先立ち、2022年春をめどに新会社「ソニーモビリティ」を設立する計画を発表しました。また、2年前のCESで初公開したEVのプロトタイプの新バージョンであるSUV「VISION-S 02」を発表。同車は、2020年末から欧州の道路でテスト走行を行っています。

自動車メーカー以外の企業が自動車に関わる実験を行うのは、ソニーが初めてではありません。以下は、その一例です。

⌚️ 1994年、時計会社スウォッチ(Swatch)の創業者、ニコラス・G・ハイエックは、メルセデス(Mercedes)が製造する風変わりなスマートカーのアイデアを生み出しました。

🍎 アップルは、7年前から自動運転車の開発に取り組んでおり、その過程で重要な人材を引き抜いては失ってきました

📱 米国の制裁で携帯電話事業が大きな打撃を受けているファーウェイ(Huawei、華為技術)は、中国の国有自動車会社、チャンガン(Changan、長安汽車)と提携しています。

SURPRISING DISCOVERIES

世界のトリビア

  1. マリオットは、NFTがメタバースの存在感を示す鍵になることを期待している。現実のホテルのバーに座るのと、居心地のよい自宅で座るのとでは、どちらが悲しみに浸れるのでしょうか?
  1. セレブへの崇拝と認知能力の低下には相関関係がある。さらなる研究が必要であると研究者は述べていますが、いまこそ、パラソーシャル関係から抜け出す時期なのかもしれません。
  1. Googleストリートビューが、イタリアの最重要指名手配犯の逮捕に一役買った。この殺人犯は、20年間住んでいたスペインで発見されました。
  1. BMWが、色の変わるクルマを開発中。電子書籍に使われている電子ペーパーを使用します。
  1. KFCが、画期的なナゲットの開発に取り組んでいる。ビヨンドミートと組んで来週から発売される予定のメニューは、大手チキンメーカーが販売する初めての植物由来の商品になります。

📫 Quartz Japanは一日2通のニュースレターを配信しています。

🎧 音声コンテンツもぜひ! 幾何学模様のGo Kurosawaさんとお届けするQuartz JapanオリジナルPodcast(AppleSpotify)のほか、平日毎朝の「Daily Brief」の英語読み上げや、日本語ニュースのPodcastも配信しています。

👀 TwitterFacebookでも最新ニュースをお届け。

👇 このニュースレターはTwitter、Facebookでシェアできます。ニュースレターの転送もどうぞご自由に(転送された方へ! 登録はこちらから)。