Skip to navigationSkip to content

アップルが中国でスマホ売上トップ/LGの野心的な計画/注目すべき新しいタイプの中性子星

1月27日、世界で今起きていること。米国が、ウクライナのNATO加盟の権利を支持/アップルが中国でスマホ売上トップ/LGの野心的な計画/注目すべき新しいタイプの中性子星……。

Image copyright: Smialowski/Pool via REUTERS
This story was published on our Quartz Japan newsletter, A glimpse at the future of the global economy-in Japanese.
  • Kurumi Fukutsu
By Kurumi Fukutsu

Contributing Editor

Published

Daily Brief

世界で今起きている事

おはようございます。本日も世界で今起こっていることをまとめてお届けします。

Image copyright: Smialowski/Pool via REUTERS
  1. 米国は、ウクライナのNATO加盟の権利を支持すると述べた。ロシアは、米国に対して要求していた安全保障に関する回答で、米政府がこうした立場を示した場合、報復すると脅していました。米国大使館は、ウクライナにいる米国人に、国外退避を検討するよう促しています。
    The US said it would uphold Ukraine’s right to join NATO. Russia had threatened retaliation if Washington responded to the Kremlin’s demands thusly. The US embassy has urged Americans in Ukraine to think about leaving.
  2. ボリス・ジョンソンは辞任しない。英首相は、ロックダウン中にダウニング街(首相官邸)で開かれたパーティーをめぐり辞任を求める声が上がっていることについて、辞任しない考えを示しました。これらのパーティーに関する調査結果はまだ発表されていません。
    Boris Johnson won’t resign. The British prime minister dismissed calls to step down over Downing Street parties during lockdown; the results of an investigation into these gatherings has yet to be published.
  3. 米国の中央銀行は「近いうちに」利上げを開始すると述べた。米連邦準備制度理事会(FRB)のジェローム・パウエル議長は、利上げ開始後にバランスシート縮小に取り組むと述べました。
    The US central bank said it would start raising interest rates “soon.” Fed chair Jerome Powell said it would work on reducing its balance sheet after the rate-raising has begun.
  4. テスラの華々しい四半期。米EVメーカー、テスラ(Tesla)の収益は65%増加し、純利益は7倍以上になりました。しかし、同社がサプライチェーンの問題が依然として生産を妨げていると指摘した後、時間外取引で株価が下落しました。
    Tesla had a great quarter. The automaker’s revenue was up 65% while its income more than septupled, though shares fell in after-hours trading as the company indicated supply chain issues were still hampering production.
  5. インテルは、2009年のEU競争法(独占禁止法)違反訴訟で勝利した。欧州の規制当局は、インテル(Intel)に12億ドル(約1,376億円)の罰金を科していましたが、支払う必要がなくなります
    Intel won its appeal of a 2009 EU antitrust decision. A European regulator had charged Intel a $1.2 billion fine, which it will no longer have to pay.
  6. アップルは、再び中国においてスマホ売上トップを記録している。iPhone 13のおかげで、2021年第4四半期に中国市場で過去6年間で最大となるシェアを獲得しました。
    Apple is once again China’s top-selling smartphone vendor. The iPhone 13 helped the tech giant capture its biggest share of the Chinese market in six years in the fourth quarter of 2021.

👂 Daily Briefは最新ニュースの英語音声での読み上げも。上のボタンからどうぞ!(on Spotify)

What to watch for

LGの野心的な計画

Image copyright: REUTERS/Dado Ruvic/Illustration/File Photo

韓国のEV用バッテリーの大手メーカーであるLGエナジーソリューション(LG Energy Solution)は、本日(27日)から取引が開始されます。同社が1月14日に実施した新規株式公開(IPO)は、韓国で過去最大規模に。EVは、2021年上半期の世界自動車販売台数におけるシェアを前年の4%から7%に伸ばしており、LGは、この世界的な需要急増のトレンドに乗っています。

LGは、米国での事業拡大を計画しています。これは、世界一の電池生産国である中国に取って代わるという韓国政府の野心的な計画の一部です。しかし、最大のライバルである中国のCATL(寧徳時代新能源科技)に追いつくには、まだまだ長い道のりがあります。

Why Taiwan is investing in Lithuania

台湾とリトアニア

昨年11月、台湾がリトアニアの首都ビリニュスに「台湾」の名を冠した事実上の大使館を開設して以来、中国ではリトアニア製品やリトアニアと関係のある多国籍企業に対する反発が急速に高まっています。台湾は今月、リトアニアの経済的負担を軽減するため、2億ドル(約229億円)規模の投資基金の設立を発表し、リトアニアのプロジェクトに融資する10億ドル(約1,145億円)の与信ファンドを準備しました。

チップメーカーのTSMC(台湾積体電路製造)が2022年までに計画している設備投資予算440億ドル(約5兆円)に比べれば、2億ドルはわずかな金額に思えるかもしれませんが、実は台湾の国際協力・開発プログラムへの年間支出額と比較するとかなりの金額なのです。

SURPRISING DISCOVERIES

世界のトリビア

  1. スロバキアで、空飛ぶクルマが規制当局から認可された。私たちが信じた未来が、ついにやってきました
  2. ザ・ウィークエンドが、Spotifyで最もストリーミングされたアーティストに… 。これまで首位だった、同じカナダ出身のジャスティン・ビーバーを抜きました

  3. …そして、もう一つの注目すべき星がある… 。天文学者は、超強力な磁場を持つ新しいタイプの中性子星を発見したと考えています。
  4. …一方で、月から目を離してはいけない。スペースXのロケット部品が月に衝突しますが、それは「大したことではありません」。
  5. メトセラは、世界最高齢の水族館の魚。このオーストラリアの肺魚は90歳で、イチジクとお腹をなでられるのが好きで、おそらくメスです

📫 Quartz Japanは一日2通のニュースレターを配信しています。

🎧 音声コンテンツもぜひ! 平日毎朝の「Daily Brief」の英語読み上げや、日本語ニュースのPodcastを配信しています。

👀 TwitterFacebookでも最新ニュースをお届け。

👇 このニュースレターはTwitter、Facebookでシェアできます。転送も、どうぞご自由に(転送された方へ! 登録はこちらから)。

こちらはQuartz Japan会員限定の有料ニュースレターコンテンツです

米国発の経済メディア「Quartz」の日本版では、いまビジネスパーソンが知るべき最新グローバルニュースを平日毎日、メールボックスにお届けしています。
  • 毎朝グローバルニュースが届く・読む新習慣
  • 夕方・週末は世界のビジネストレンドを深堀り
  • 英語版を含むウェブ上の全記事が読み放題