Skip to navigationSkip to content

IEAが石油備蓄の協調放出へ/食料品値上げの懸念/メタバースで税金

3月2日、世界で今起きていること。IEAが石油備蓄の協調放出へ/東芝のCEOが退任/食料品値上げの懸念/ロシアの輸出量と世界/メタバースで税金……。

Image copyright: REUTERS/Carlo Allegri
People protest outside the United Nations Headquarters against the Russia’s invasion of Ukraine, in Manhattan, New York City, U.S., March 1, 2022. REUTERS/Carlo Allegri
This story was published on our Quartz Japan newsletter, A glimpse at the future of the global economy-in Japanese.
  • Kurumi Fukutsu
By Kurumi Fukutsu

Contributing Editor

Published

Daily Brief

世界で今起きている事

おはようございます。今日の「世界で今起きている事」をお伝えします。

Image copyright: REUTERS/Carlo Allegri
People protest outside the United Nations Headquarters against the Russia’s invasion of Ukraine, in Manhattan, New York City, U.S., March 1, 2022. REUTERS/Carlo Allegri
  1. 国際エネルギー機関(IEA)が石油の蛇口を開けた。米国とその同盟国は、備蓄している石油を6,000万バレル協調放出しますが、石油輸出国機構(OPEC)とロシアなど非加盟産油国で構成する「OPECプラス」は、原油価格が7年ぶりの高値となりましたが、供給を段階的に拡大する方針を維持するとしています。一方、ロシアは石油の販売物資の輸送に苦労しています。
    The International Energy Agency is turning on the oil spigots. The US and its allies will release 60 million barrels, but OPEC+ said it will stay the course, as prices hit a seven-year high. Meanwhile, Russia is having a hard time selling its oil and shipping goods.
  2. ロシアは民間人への攻撃を強化した。ウクライナの首都キエフではテレビ塔が砲撃され、5人の死亡が報告されました。第二の都市、ハリコフではインド人留学生が砲撃で死亡しました。
    Russia stepped up assaults on civilians. Five were reported dead after an attack on a TV tower in Kyiv, while an Indian student was among those killed in Kharkiv.
  3. 国連がウクライナのために資金を調達している。世界銀行が3億5,000万ドル(約400億円)の融資を急ぐと報じられ、ウクライナは戦時国債で2億7,000万ドル(約310億円)を調達。国連は、ウクライナ国民や避難民のための人道支援として、17億ドル(約1,900億円)が必要だとしています。
    The UN is raising money for Ukraine. It’s asking for $1.7 billion, as the World Bank will reportedly fast track a $350 million loan and Ukraine raised $277 million from sales of war bonds.
  4. 香港の遺体安置所が満杯になりつつある。香港の公立病院と火葬場は、急増するCOVID-19の死者数に、対応が追いついていません。これとは別に、香港は中国本土から介護労働者の受け入れを開始する予定です。
    Hong Kong’s morgues are filling up. The city’s public hospitals and crematoriums can’t keep up with surging covid-19 deaths. Separately, Hong Kong will start bringing in care workers from mainland China.
  5. 東芝のCEOが辞めた。綱川智の突然の退任は、株主や社内の一部が東芝の分割計画に反発しているとの報道がある中で発表されました。
    Toshiba’s CEO quit. Satoshi Tsunakawa’s sudden departure comes amid reports that shareholders and some at the conglomerate aren’t happy about the company’s break-up plan.

What to watch for

食料品値上げの懸念

Image copyright: REUTERS/Lisa Baertlein/File Photo
FILE PHOTO: The Kroger supermarket chain’s headquarters is shown in Cincinnati, Ohio, U.S., June 28, 2018. REUTERS/Lisa Baertlein/File Photo

今日(2日)と明日(3日)、クローガー(Kroger)とコストコ(Costco)が、それぞれ決算を発表します。インフレ率が過去40年間で最高となるなか、米国の大手スーパーが価格にどう対応するかが注目されます。

世界的に、異常気象やパンデミックによるサプライチェーンの混乱が原因で、食糧価格は2011年以来の水準に上昇しています。ウクライナとロシアの危機は、両国が大きな農産物輸出国であることから、食料品価格を急騰させるおそれがあります。

パンやパスタなどの「定番」食料品の値段が上がることが予想され、特に高い物価に対応することができない低所得国には悲惨な影響が及ぶでしょう。

3月1日現在の状況です。

🌾 小麦の先物価格は1ブッシェル(約27.2キログラム)当たり9.35ドル(約1,075円)に上昇し、2008年2月以来の高値となりました。価格は、年初以来、21%の上昇です。

🌽 とうもろこしの価格は1ブッシェル(約25.4キログラム)当たり7.26ドル(約835円)で、17%上昇しました。

🌱 大豆油は28%上昇し、1ポンド(約454グラム)当たり70セント(約80円)で取引されています。

Russia’s exports, charted

ロシアの輸出と世界

ロシアの穀物輸出は、小麦や大麦などの食料品が大半を占めています。ロシアは世界の穀物輸出の3割近くを占めていて、トルコとエジプトが最大の買い手です。

穀物の輸出量は、ロシアの最大の輸出品である燃料や石油と比べると、大した規模ではありません。その他の注目の輸出品としては、宝石、貴金属、鉄、鋼鉄、そして「不特定多数の商品」という興味深いカテゴリがあります。

Quartzのレポーター、クラリサ・ディアス(Clarisa Diaz)は、ロシアの最も重要な輸出品をすべてリストアップし、供給が途絶えた場合に最大のピンチを迎えるのはどの国であるかを調べました。

SURPRISING DISCOVERIES

世界のトリビア

  1. 米カリフォルニア州は熱波に名前を付けるようになるかもしれない。住民に異常気象を真剣に受け止めてもらういい方法かもしれません。
  2. ウクライナ人は高速道路の標識に手を加えてロシア軍を混乱させようとしている。政府自らその方法を教えています
  3. メタバースでは必ず税金を払おう。2000年代に登場した仮想空間「セカンドライフ」は、州や地域の売上に対する税の徴収を始めると発表しました。
  4. 衛星から見たカナダ海岸は、まるで猫が休んでいるよう。カナダ宇宙庁は必ずしもそうは思っていないようですが、ネットで生まれたジョークを高く評価しています。
  5. 研究者が、3万年前の小像の起源を発見した。「ヴィレンドルフのヴィーナス」と呼ばれる小像の製作者は、そのお守り(ヴィーナス)とともに何百マイルも旅をしてきたのです。

📫 Quartz Japanは一日2通のニュースレターを配信しています。

🎧 Quartz Japanでは平日毎朝のニュースレター「Daily Brief」のトップニュースを声でお届けするPodcastも配信しています。

👀 TwitterFacebookでも最新ニュースをお届け。

👇 このニュースレターはTwitter、Facebookでシェアできます。転送も、どうぞご自由に(転送された方へ! 登録はこちらから)。

こちらはQuartz Japan会員限定の有料ニュースレターコンテンツです

米国発の経済メディア「Quartz」の日本版では、いまビジネスパーソンが知るべき最新グローバルニュースを平日毎日、メールボックスにお届けしています。
  • 毎朝グローバルニュースが届く・読む新習慣
  • 夕方・週末は世界のビジネストレンドを深堀り
  • 英語版を含むウェブ上の全記事が読み放題