Skip to navigationSkip to content

Need to Know:「SWIFTから排除」は効果ある?

ロシアへの経済制裁として措置が発動した「SWIFTからの排除」。にわかに注目を集めたSWIFTとは、いったい何なのか。今日のニュースレターではそのポイントをビジュアルで解説。

An illustration showing different banks with arrows connecting between them. It is meant to convey the feeling of how the SWIFT system works.
This story was published on our Quartz Japan newsletter, A glimpse at the future of the global economy-in Japanese.
  • Sota Toshiyoshi
By Sota Toshiyoshi

Editor in Chief (Quartz Japan)

Published

ロシアのウクライナ侵攻に対する経済制裁が注目されています。その手段のひとつとして先月26日、EUや米国、英国、カナダは、国際的な金融情報通信プラットフォームである「SWIFT」へのロシアからのアクセスを制限する方針で合意。EUは2日(現地時間)、措置の発動を発表しました。

一連の動きで、にわかに注目を集めたSWIFTとは、いったい何なのか。今日のニュースレターではそのポイントをビジュアルで解説します。

What is SWIFT?

SWIFTってなに?

SWIFTは、Society for Worldwide Interbank Financial Telecommunicationの略。世界中の銀行が、クロスボーダー決済を安全かつ迅速に進めるための連絡を可能にするメッセージングシステムです。

SWIFTは、1973年の設立以降、実に広く利用されています。加盟銀行は200の国・地域で約1万1,000行にのぼります。2022年2月の1カ月で8,200万件のメッセージが送信されています

SWIFTはその重要性から、G10諸国の中央銀行、欧州中央銀行に加え、ベルギー国立銀行によって共同で管理されています。

How does SWIFT work?

どう機能しているの?

SWIFTにける重要な要素は「SWIFTコード」でしょう。システムに参加する各銀行にはこのコードが割り当てられ、その銀行がどの国のどこにあるかを(オプションとして支店も)特定できます。

Which banks will be banned?

効果はあるの?

措置の発動を前に、欧州連合(EU)は、どのロシアの金融機関をSWIFTから排除するかについて議論を重ねてきました。2日発表された対象銀行は7行を数えますが、最大手のロシア貯蓄銀行(ズベルバンク、Sberbank)やガス大手ガスプロムが一部所有するガスプロムバンク(Gazprombank)は含まれていません

対象となった銀行は、以下の通りです。

  • 対外貿易銀行(VTB)
  • バンク・ロシヤ(Bank Rossiya)
  • オトクリティエ(Otkritie)
  • ノビコムバンク(Novikombank)
  • プロムスビャジバンク(Promsvyazbank)
  • ソブコムバンク(Sovcombank)
  • 対外経済銀行(VEB.RF)

国際金融システムからロシアを切り離すという狙いからすると、これらの銀行をSWIFTへのアクセスから排除することは、ほんの一端に過ぎません。というのも、SWIFTはそれ自体、支払い・決済システムではなく、その情報を送受信できるメッセージングシステムに過ぎないのです。

SWIFTから切り離されたとしても、各銀行にはSWIFT以外のシステムが残されています。2014年のクリミア侵攻後にロシア中央銀行が設立した「SPFS」や、中国人民銀行がつくった「CIPS」など、代替候補となるシステムの名前はいくつも挙げられます。

さらに注目すべきは、ロシアの石油・ガスを担うガスプロムに対する国際決済はSWIFT経由では行われていないのです。

💎 ニュースレター「Need to Know」は、毎週火曜日に配信しています。

🎧 Quartz Japanでは平日毎朝のニュースレター「Daily Brief」のトップニュースを声でお届けするPodcastも配信しています。

👀 TwitterFacebookでも最新ニュースをお届け。

👇 このニュースレターはTwitter、Facebookでシェアできます。転送も、どうぞご自由に(転送された方へ! 登録はこちらから)。

こちらはQuartz Japan会員限定の有料ニュースレターコンテンツです

米国発の経済メディア「Quartz」の日本版では、いまビジネスパーソンが知るべき最新グローバルニュースを平日毎日、メールボックスにお届けしています。
  • 毎朝グローバルニュースが届く・読む新習慣
  • 夕方・週末は世界のビジネストレンドを深堀り
  • 英語版を含むウェブ上の全記事が読み放題