Skip to navigationSkip to content

上海がロックダウンへ/日本で物価が急騰/ロシア株式市場で取引再開

3月28日、世界で今起きていること。日本で物価が急騰/中国東方航空機、2つ目のブラックボックス/中印、紛争後初の外交協議/ロシア株式市場の今後/南極の「NY市級の」棚氷崩壊……。

Three people dressed in protective gear walk along a bright yellow barrier in Shanghai.
Image copyright: Reuters/Aly Song
Split lockdowns.
This story was published on our Quartz Japan newsletter, A glimpse at the future of the global economy-in Japanese.
  • Sota Toshiyoshi
By Sota Toshiyoshi

Editor in Chief (Quartz Japan)

Published

Daily Brief

世界で今起きている事

おはようございます。今週で3月も終わりですね。今日の「世界で今起きている事」をお伝えします。

Three people dressed in protective gear walk along a bright yellow barrier in Shanghai.
Image copyright: Reuters/Aly Song
Medical staff in protective gear walk in front of barriers of an area under lockdown in Shanghai
  1. 上海がロックダウンへ。金融の中心地である中国・上海市では、新型コロナウイルスの感染者が急増。全住民を対象にPCR検査を行うために、市内を2地域に分け、ほとんどのビジネスが閉鎖する事実上のロックダウンに突入します。
    ​​​​Shanghai will lock down. Most businesses in the financial hub will be closed in two separate stages to test for covid as cases spike.
  2. ウクライナは「ロシアが国を分割しようとしている」と述べた。そのような戦術はゲリラ戦を誘発するだけだと、ウクライナの軍事情報当局者は述べています。一方、ジョー・バイデン米大統領は、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は「権力の座にとどまってはならない」と演説しましたが、ホワイトハウスはその後、この発言を修正しました。
    Ukraine said Russia wants to split the country. Such a tactic would provoke guerilla warfare, Ukraine’s military intelligence chief said. Meanwhile, US president Joe Biden said Vladimir Putin “cannot remain in power,” though the White House later walked back those remarks.
  3. 日本で物価が急騰した。東京のコアCPI(生鮮食品を除く消費者物価指数)は前年比0.8%で2019年以来の上昇幅となり、エネルギー全体では、前年比で26.1%も上昇しました。
    Prices spiked in Japan. Tokyo’s consumer price index jumped the fastest since 2019, due in part to a 26.1% increase in energy prices.
  4. 中国東方航空機の墜落現場から2つ目のブラックボックスが見つかった。昨日(27日)、フライトデータレコーダーが発見され、(乗客・乗員132人を乗せて21日に墜落した)MU5735便の墜落原因が明らかになる可能性があります。
    Second black box found in China Eastern Airlines crash. The flight data recorder was located yesterday, possibly shedding light on the cause of the crash of Flight 5735.
  5. 中国とインドが紛争後の外交協議を行った。中国とインドは、両軍の兵士が死亡した2020年のヒマラヤの国境紛争以降初めてとなる高官級会合を行いました。
    China and India had post-conflict diplomatic talks. The two countries held their first high-level meeting over the 2020 border conflict in the Himalayas that led to the death of Chinese and Indian soldiers.
  6. BBCニュースがアフガニスタンでの放送から撤退した。BBCによると、テレビ放映のパートナーがタリバンから国際放送をやめるよう命じられたそうです。
    BBC News went off air in Afghanistan. The organization said its TV partners were ordered by the Taliban to take down international broadcasts.

What to watch for

1カ月ぶりの再開

Image copyright: Moscow, Russia March 23, 2022. REUTERS/Maxim Shemetov

ロシア中央銀行は本日、ロシアの株式市場での通常の株式・債券の取引再開明らかにしました(ただしモスクワ時間で9時50分〜13時50分に限る)。非ロシア居住者が4月1日まで株式・債券の取引・売却ができないことに変わりはありません

ロシアの株式市場は、ウクライナ侵攻後、約1カ月間閉鎖されていました。先週木曜日に取引が再開されましたが、取引可能な銘柄は33銘柄に限定されていました。ロシアがウクライナに侵攻した2月24日、モスクワ証券取引所(MOEX)は33%も急落し、その直後にはルーブルが対ドルで史上最安値を更新しています

和平交渉が続いているため、両国間の紛争はまもなく終わるという楽観的な見立ても出ています。しかし、約4,000億ドル(約48兆円)のロシアの株式市場は、取引が再開されたとしても依然として脆弱な状態にあるようです。

Does the US have gas to give?

LNGが足りません!

ヨーロッパは、これまでロシアからの輸入に頼っていた分、天然ガスの供給に穴が開いています。それを埋める手助けをしたいと考えている米国は、年末までにEUにさらに150億立方メートルの液化天然ガス(LNG)を供給することで合意しました

これは立派な政治的意思表示ですが、米国のLNGの輸出量はすでに限界に達しています。2月、米国のガス輸出は日量133億立方フィートという記録を打ち立て、国内にある7つのターミナル全てに一度にタンカーがフルに接岸したのは初めてのことでした。

新しい輸出インフラを構築するには何年もかかるため、米国が中国や日本といった顧客に米国産LNGの一部をヨーロッパに転売してもらう以外に、米国がヨーロッパとの短期的な約束を果たす方法があるかは不明です。長期的には、ヨーロッパの買い手はすでに米国と事前契約を結んでいます。

SURPRISING DISCOVERIES

世界のトリビア

  1. 青瓦台に住むか、否か。韓国の次期大統領は、伝統的に使われてきた大統領府の執務室を、自分の家とは呼びたくないようです
  2. 新型コロナとインフルエンザに同時に罹患すると死亡リスクは2倍になる。科学者たちは、新型コロナの患者は、定期的にインフルエンザの検査を受けるべきだと主張しています。
  3. 南極大陸でニューヨーク市ほどの大きさの棚氷が崩壊した。このような現象が記録されたのは、人類史上初めてのことです。
  4. ショーン・ペンは、アカデミー賞はウクライナ大統領に発言の機会を与えるべきだと主張した。ウクライナとポーランドでドキュメンタリーを撮影しているこの俳優は、米アカデミー賞授賞式でのウォロディミル・ゼレンスキーの演説が実現しないのであれば、自分の持つオスカー像を「溶かす」と言いました。

📫 Quartz Japanは一日2通のニュースレターを配信しています。

🎧 Quartz Japanでは平日毎朝のニュースレター「Daily Brief」のトップニュースを声でお届けするPodcastも配信しています。

👀 TwitterFacebookでも最新ニュースをお届け。

👇 このニュースレターはTwitter、Facebookでシェアできます。転送も、どうぞご自由に(転送された方へ! 登録はこちらから)。

こちらはQuartz Japan会員限定の有料ニュースレターコンテンツです

米国発の経済メディア「Quartz」の日本版では、いまビジネスパーソンが知るべき最新グローバルニュースを平日毎日、メールボックスにお届けしています。
  • 毎朝グローバルニュースが届く・読む新習慣
  • 夕方・週末は世界のビジネストレンドを深堀り
  • 英語版を含むウェブ上の全記事が読み放題