Skip to navigationSkip to content

和平団に「中毒症状」/テスラの株式分割計画/マンデラ逮捕状NFTに1,600万円

3月29日、世界で今起きていること。トルコで停戦協議へ/プーチン批判メディアがロシアで休刊/テスラが株式分割を計画/ルルレモン決算/マンデラ逮捕状のNFTが1,600万円で落札…。

Sanctioned Russian oligarch Roman Abramovich, wearing a mask, stands in a VIP lounge
Image copyright: Reuters
Sanctioned Russian oligarch Roman Abramovich on March 14, 2022
This story was published on our Quartz Japan newsletter, A glimpse at the future of the global economy-in Japanese.
  • Sota Toshiyoshi
By Sota Toshiyoshi

Editor in Chief (Quartz Japan)

Published

Daily Brief

世界で今起きている事

おはようございます。今日も「世界で今起きている事」をお伝えします。

Image copyright: Roman Abramovich on March 14, 2022. Reuters
  1. ロシア・ウクライナ和平交渉の担当者が毒を盛られた可能性がある。今月初めにウクライナの首都キエフで会談に参加した後、ウクライナ側の代表団および、停戦協議の仲介役とされるロシアの億万長者、ロマン・アブラモヴィッチに、化学兵器による中毒と一致する症状が現れましたが、関係者はいずれもこの事案を深刻に受け止めてはいません
    Russia-Ukraine peace negotiators may have been poisoned. After meeting in Kyiv earlier this month, Ukrainian representatives and Russian billionaire Roman Abramovich had symptoms compatible with poisoning, but all are downplaying the incident.
  2. 両国はトルコでの停戦協議の準備を進めている。ロシアとウクライナは、この間にも、ともに攻撃を激化させています。
    Both sides are preparing for cease-fire talks in Turkey. Russia and Ukraine have both stepped up attacks in the meantime.
  3. 『ノーバヤ・ガゼータ』は休刊に追い込まれた。『ノーバヤ・ガゼータ』は、ロシアでプーチン政権に批判的な報道を続けている唯一の大手紙であり、編集長のドミトリー・ムラトフは2021年にノーベル平和賞を受賞しましたが、彼らは紛争が終われば再び活動を再開すると約束しています。
    Novaya Gazeta was forced to suspend publication. The last Russian publication critical of the Kremlin—and whose editor won a Nobel Peace Prize—promises to return once the conflict is over.
  4. テスラが株式分割を計画している。EVメーカーの米テスラ(Tesla)は、今年の年次株主総会で、再度の株式分割をめぐって株主に承認を求める予定です。アマゾンやアルファベット(Alphabet)も相次いで株式分割を実施しています。
    Tesla is planning a stock split. The company, following Amazon and Alphabet’s lead, will ask shareholders at their next meeting.
  5. 原子力発電の好感度が再び日本で上がっている。エネルギー価格の高騰が、福島第1原発事故後の反原発感情を変化させました。
    Nuclear power is back in Japan’s graces. High energy prices have changed the post-Fukushima anti-nuclear sentiment.
  6. アストラゼネカのCOVID-19予防薬がEUで承認された。米国ですでに認可されている英アストラゼネカ(AstraZeneca)のCOVID-19向け抗体カクテル療法「Evusheld」は、症状発現のリスクを77%減らすとされています
    AstraZeneca’s preventive drug for covid-19 has been approved by the EU. Evusheld, already authorized in the US, reduces risk of developing symptoms by 77%.

What to watch for

ルルレモン、決算発表

Sydneysiders take part in a mass yoga session on Pitt Street in Sydney's CBD during the evening rush hour on March 20, 2018 in Sydney, Australia.
Image copyright: James D. Morgan/Getty Images
Will workers continue to worship at the yoga pant altar?

アスレジャー」を代表する企業、ルルレモン(Lululemon)が本日(29日)、決算を発表します。今年1月、同社は投資家に対する説明のなかで、ホリデーシーズン中のオミクロン株の感染拡大が通年収益に与える影響を認めています。その後、人と人との交流がより増えることでデニムの売り上げが上昇し(ただしスキニージーンズは例外です)、同社の株価はこれまでで20%も下落しています。

とはいえ、アナリストは、ルルレモンが多くのバリューを提供すると期待しています。特に、同社は新しい製品カテゴリーに取り組んでおり、先週には、女性に特化してデザインしたシューズラインデビューさせています(男性と女性の足はその大きさ以外にも多くの違いがあるのに、従来、ほとんどのスニーカーがまず男性用にデザインされ、女性向けのものはサイズを小さくしただけのものでした)。来年にはメンズシューズの新しいコレクションも予定されており、ナイキ(Nike)やアディダス(Adidas)に真っ向から勝負を挑むことになります。一方で、アディダスは同社のスポーツブラのコレクション全体を一新し、ルルレモンが培ってきた領域に進出してもいます

Singapore’s covid turning point

コロナ対策、分かれ道

Image copyright: Reuters/Edgar Su
Reopening.

広範囲でのマスク着用、旅行者の厳しい検疫要件、積極的な接触者追跡……。香港とシンガポールは、場所は違えどその新型コロナウイルス感染拡大対策は似たようなものでした。

シンガポールは今週、規制を大幅に緩和し、4月1日からワクチン接種済みの旅行者が検疫なしで入国できるようにする予定で、「コロナとの共生」方向シフトしています。一方の香港は、徹底した「ゼロコロナ」戦略。感染数を抑制し、国境封鎖も視野に入れているものの、死者数は今年に入って数千人を数えます。

香港には主権がないため、コロナ戦略についても中国政府の指示従わなければなりませんワクチン接種率でもシンガポールと対照的な数字を示しており、シンガポールでは80歳以上の高齢者の94%がワクチン接種を受けているのに対し、香港では40%強にとどまっています。

SURPRISING DISCOVERIES

世界のトリビア

  1. 男性用下着は経済指標になる。米連邦準備制度理事会(FRB)元議長のアラン・グリーンスパンは、来るべき不況の手がかりを探るため、ボクサーパンツとブリーフの売り上げに着目しています。
  2. ネルソン・マンデラの逮捕状のNFTが13万ドル(約1,600万円)で落札された。収益は、1960年代の反アパルトヘイト(人種隔離)運動家の一部が活動拠点としていた遺産「リリーズリーフ」に寄付されます
  3. ブラジルのサンパウロでは、毎週のように新しい教会がオープンしている。キリスト教福音派の信徒が増えており、あなたが牧師となって10人の洗礼志願者に聖油を塗ることもできるかもしれません。
  4. 吸血コウモリは自らこの道を選んだわけではない。彼らは、脂肪や炭水化物をあまり摂らずに、鉄とタンパク質の食事で生きていけるように、進化を遂げたのです。

📫 Quartz Japanは一日2通のニュースレターを配信しています。

🎧 Quartz Japanでは平日毎朝のニュースレター「Daily Brief」のトップニュースを声でお届けするPodcastも配信しています。

👀 TwitterFacebookでも最新ニュースをお届け。

👇 このニュースレターはTwitter、Facebookでシェアできます。転送も、どうぞご自由に(転送された方へ! 登録はこちらから)。

こちらはQuartz Japan会員限定の有料ニュースレターコンテンツです

米国発の経済メディア「Quartz」の日本版では、いまビジネスパーソンが知るべき最新グローバルニュースを平日毎日、メールボックスにお届けしています。
  • 毎朝グローバルニュースが届く・読む新習慣
  • 夕方・週末は世界のビジネストレンドを深堀り
  • 英語版を含むウェブ上の全記事が読み放題