Skip to navigationSkip to content

EUのロシア産原油禁輸に急展開/インド・パキスタンの記録的熱波/スタバ決算、懸念点

5月3日、世界で今起きていること。EUのロシア産原油禁輸に一歩/ニュージーランドで国境開放/インド・パキスタン「春のない年」/スタバ決算、懸念点は2つ/オレンジジュース専用シリアル発売

A farmer drinks water as he works in a paddy field on the outskirts of Ahmedabad
This story was published on our Quartz Japan newsletter, A glimpse at the future of the global economy-in Japanese.
Published

Daily Brief

世界で今起きている事

おはようございます。ゴールデンウィーク中も世界は大きく動いています。インドの一部の州では最高気温が43℃にまで達したようで、さらなる気温上昇も予想されています。今朝も「世界で今起きている事」をお伝えします。

A farmer drinks water as he works in a paddy field on the outskirts of Ahmedabad
Image copyright: REUTERS/Amit Dave/file photo
Burning up.
  1. ドイツは、ロシア産原油の即時禁輸に参加する用意があると述べた。これまでの慎重姿勢を大きく転換するもので、数日以内にEU全体への禁輸措置が実現される可能性があります
    Germany said it’d join an immediate Russian oil ban. The major shift could allow for an EU-wide embargo within days.
  1. ロシアがオデッサを攻撃した。ウクライナの港湾都市へのロケット弾による攻撃で、数人の市民が死亡しました。一方、ウクライナはロシアの巡視船2隻を撃沈したと発表しました。
    Russians attacked Odessa. A rocket killed several civilians in Ukraine’s seaport city. Meanwhile, Ukraine said it sank two Russian naval vessels.
  1. ニュージーランドが国境を開放した。渡航者は、ワクチン接種証明書とビザ免除プログラムに参加している60カ国のパスポートの提示を求められることになります。
    New Zealand opened its borders. Visitors will have to show proof of vaccination and carry a passport from one of the 60 countries participating in its visa-waiver program.
  1. 南アフリカでのオミクロン関連の感染者の急増は、パンデミックの次の段階を予見しているのかもしれない。保健当局は、オミクロン株の亜種「BA.4」「BA.5」への感染者急増は、ウイルスがいかに進化するかを示していると考えています。
    South Africa’s omicron spike may be previewing the pandemic’s next stage. Health officials believe the surge of subvariants in the omicron family shows how the virus is evolving.
  1. EUが再びアップルを非難した。昨年の音楽ストリーミングをめぐる訴訟に続き、EUは、他のモバイル決済事業者がアップルの電子決済サービス「アップルペイ」(Apple Pay)にアクセスするのを制限するのはEU競争法(独占禁止法)に違反する疑いがあると指摘しています。
    The EU sued Apple again. After last year’s lawsuit over music streaming, the bloc said the tech giant violated antitrust laws when it restricted rival developers from accessing mobile payment technology for its iOS devices.
  1. インドとパキスタンは記録的な熱波に苦しんでいる。当局は「春のない年」と呼んでいます。
    India and Pakistan are in the throes of a record-breaking heatwave. Officials are calling it “a spring-less year.”

What to watch for

スタバ、2つの「懸念」

A Starbucks Coffee shop is seen in the background as people gather at Westlake Park during the "Fight Starbucks' Union Busting" rally.
Image copyright: Jason Redmond/AFP via Getty Images
A Starbucks Coffee shop is seen in the background as people gather at Westlake Park during the “Fight Starbucks’ Union Busting” rally.

先月にCEOに復帰した創業者、ハワード・シュルツ下のスターバックス(Starbucks)が、本日(3日)、決算報告を行う予定です。投資家は次の2点に注目しています。

  1. 💪 組合を結成しようとする従業員の動き。米国内のスターバックスでは、バリスタたちによる組合結成の勢いが続いています。これは、同社における人件費の上昇につながります。昨年8月下旬にニューヨーク州バッファローのスターバックス直営店が組合結成を申請して以来、米国の直営店約9,000店のうち200店以上が組合選挙のための書類を提出しています。現在までのところ、バッファロー店を含む20以上の店舗が組合結成に賛成しています。これは、「2022年半ばまでに平均時給を17ドルに引き上げる」と発表された昨年10月以来の展開です。
  1. 💰 増加する経費。パンデミックおよびウクライナ紛争は、引き続きサプライチェーン関連のコストに重くのしかかっています。また、中国におけるロックダウンも業績悪化につながったとする見方もあります(中国は、スターバックスにとって2番目に大きな市場)。一方で、スターバックスはそのコストを消費者に転嫁しており、今年はさらなる値上げが予想されていますいまのところ消費者の需要は減退していませんが、インフレがさらに進めば、その状況にも変化が出てくることでしょう。

The Fed’s dangerous game

FRBの危うい賭け

米連邦準備制度理事会(FRB)は、世界最大を誇る米国の経済がパンデミック/不確実な戦争という「異様な段階」から「ソフトランディング」へと発展するのを期待しています。しかし、この場合、そもそも「ソフトランディング」とは何を意味するのでしょう? Quartzの記者、Tim Fernholzは次のように例えています。

経済を熱気球と想像してみてほしい。風船に熱を注入しすぎると、風船はかなり高くまで上がってしまう。いざそうなってしまうと、地表に戻すには熱を冷まして下降させる必要があるが、下降速度が速すぎると、結果は壊滅的なものになりかねない。

まさに「危険なゲーム」といったところですが、歴史をみれば、不況へと至る可能性がゼロとまではいえません。ただし、FRB内部には「今回は例外だ」という希望もあるようです。

U.S. Federal Reserve Chair Jerome Powell testifies before a Senate Banking, Housing, and Urban Affairs Committee hearing
Image copyright: Reuters/Jonathan Ernst
Not looking through inflation any more.

SURPRISING DISCOVERIES

世界のトリビア

  1. トロピカーナは、牛乳ではなく、オレンジジュースに合うシリアルをつくった。トロピカーナ(Tropicana)のプレスリリースには、このハニーアーモンド風味のシリアルは「万人向けではないかもしれない(でも、あなたにはぴったりかも!)」と書かれています。
  1. 米国勢調査局は、「都市部」の基準を再定義した。1,300以上の地域のカテゴリーが「都市部」から「農村部」に変更されることで、農村部における医療へのアクセスや連邦政府の資金調達に影響を与える可能性があります
  1. 「M&M積み上げチャレンジ」で世界新記録。イラクのナーシリーヤに住むIbrahim Sadeqは、このツルツルした小さなお菓子を7つ積み上げることに成功しました。
  1. イケアがスウェーデンの「Seedballs」を販売中。世界自然保護基金(WWF)とのパートナーシップのもとでつくられたこの泥団子は、庭を再生させ、昆虫に餌を与え、生物多様性について話し合うきっかけとなるようデザインされています。

📫 Quartz Japanは一日2通のニュースレターを配信しています。

🎧 Quartz Japanでは平日毎朝のニュースレター「Daily Brief」のトップニュースを声でお届けするPodcastも配信しています。

👀 TwitterFacebookでも最新ニュースをお届け。

👇 このニュースレターはTwitter、Facebookでシェアできます。転送も、どうぞご自由に(転送された方へ! 登録はこちらから)。