Skip to navigationSkip to content

ウォール街で株価低迷/原油価格が3月以来の高値/5月8日、香港行政長官選挙へ

5月6日、世界で今起きていること。ウォール街で株価低迷/原油価格が3月以来の高値/新型コロナウイルスで1,500万人近くが死亡/ 5月8日、香港行政長官選挙へ/韓国のティーンのうち、35万人以上が保有する株

This story was published on our Quartz Japan newsletter, A glimpse at the future of the global economy-in Japanese.
Published

Daily Brief

世界で今起きている事

おはようございます。今朝も「世界で今起きている事」をお伝えします。

Image copyright: REUTERS/Brendan Mcdermid/File Photo/File Photo
FILE PHOTO: Elon Musk arrives at the In America: An Anthology of Fashion themed Met Gala at the Metropolitan Museum of Art in New York City, New York, U.S., May 2, 2022. REUTERS/Brendan Mcdermid/File Photo/File Photo
  1. イーロン・マスクはツイッター買収のために70億ドル(約9,100億円)の資金を集めた。ソフトウエア大手、米オラクル(Oracle)の共同創業者でテスラの取締役を務めるラリー・エリソンは、10億ドルを投じています。買収が成立すれば、マスクはツイッターの暫定CEOとなる見込みです。
    Musk got $7 billion in funding for Twitter. Larry Ellison, Oracle co-founder and Tesla board member, is pitching in $1 billion. Musk is expected to serve as interim CEO once the deal closes.
  1. 利上げはうまくいかなかった…。ウォール街で株価が低迷し、ナスダックは2020年6月以来、最悪の下落率となりました。一方、スタグフレーションが懸念されるなか、イングランド銀行が利上げを実施し、ポンドは値下がりしました
    Rate hikes didn’t go over well… Stocks slumped on Wall Street, with the Nasdaq on track for its worst day since June 2020. Meanwhile, the pound dropped in value as the Bank of England raised rates amid fears of stagflation.
  1. …しかし、原油は上昇している。原油価格は3月以来の高値となり、エネルギー大手、シェル(Shell)の四半期利益はほぼ3倍となりました。この動きは、石油輸出国機構(OPEC)とロシアなど非加盟産油国で構成する「OPECプラス」が6月についても小幅な生産引き上げを認めたことや、米国が今年後半に石油備蓄を補充する計画などによって、後押しされました。
    …but oil’s doing swell. Prices rose to their highest since March, with Shell’s quarterly profits almost tripling, buoyed by an OPEC output ratification and a US plan to replenish crude reserves later this year.
  1. 中国のサービス部門の活動が2年ぶりの低水準に。在中国EU商工会議所は、中国の「ゼロコロナ」政策が市場の急激な縮小を招いており、外国投資の撤退にもつながりかねないと警告しています。
    China’s services sector activity hit a two-year low. The EU Chamber of Commerce warned that Beijing’s zero-covid policy, which has caused steep market contraction, could also lead to foreign investment withdrawal.
  1. 新型コロナウイルスによって1,500万人近くが死亡した。世界保健機関(WHO)は、多くの国で死者数が実際よりも少なく数えられており、インドは世界全体の死者数の3分の1近くを占めていると推定しています。
    Nearly 15 million people have died from covid. The WHO estimated that death tolls have been undercounted in many countries, with India seeing nearly one third of deaths globally.

What to watch for

選出「確実」な選挙

Hong Kong sole Chief Executive candidate John Lee greets people.
Image copyright: Reuters/Tyrone Siu
Hong Kong sole chief executive candidate John Lee greets people ahead of the chief executive election, May 4, 2022.

香港では日曜日(8日)香港政府トップを決める行政長官選挙が行われます。行政長官選挙で市民は直接投票することができず、親中派で固められた約1,500人の「選挙委員会」の投票で決まります。今回は、中国の習近平指導部が支援する1人以外に候補者はおらず、当選はほぼ「確実」です。

その候補者とは、2019年の大規模な抗議活動を引き起こすきっかけとなった、中国本土への容疑者引き渡しを可能とする「逃亡犯条例」改正案を推し進めた元保安局長で前政務官の李家超(ジョン・リー)です。改正案は撤回を余儀なくされましたが、この大失敗にもかかわらず、李は香港政府でナンバー2である政務官の役職に就いていました。これからは、不測の事態がなければ、彼は香港政府のトップとなります(前任の林鄭月娥=キャリー・ラム=と同様、李は米国から制裁を受けています)。

あらかじめ当選者が決まっている選挙というのは、権威主義体制の特徴ですが、李の就任は別の意味でも重要です。というのも、彼は香港で初めて、豊富な行政経験やビジネス経験を持たないトップになるからです。彼の法執行機関での経歴は、中国にとって、香港における最優先事項が国家安全保障の問題であることを示唆しています。

Cinco de Mezcal

メスカルはいかが?

シンコ・デ・マヨ(メキシコの戦勝記念日である5月5日)にお酒を飲む予定が週末まで延びていますが、いろいろな事情でテキーラはもういいや、という人は、メスカルに誘惑されるかもしれません

過去10年間で、メスカルはテキーラと並んでメキシコのスピリッツとして選ばれることが多くなりました。しかし、お酒には飲み過ぎがつきものです。メスカルの場合、そのブームが原因で、野生のリュウゼツランが乱獲されました

  • 580万リットル:2019年にメキシコが輸出したメスカルの量
  • 50%:2019年の米国によるメスカル輸入量の増加率
  • 53:メスカルに使用されるメキシコ産リュウゼツランの品種数

しかし、メスカルを今後も飲み続ける方法はあります。Quartz記者のサマンサ・サブラマニアン(Samanth Subramanian)によると、少なくとも3つのものを探す必要があるようです

SURPRISING DISCOVERIES

世界のトリビア

  1. 韓国のティーンのうち35万人以上が、サムスン株を保有している。彼らの株は合わせて約8億9,000万ドル(約1,160億円)の価値があります。
  1. ラゴスの「対面式」住宅は、この街の人口増加の兆しになっている。この名称は、一戸建て住宅のドアが向かい合わせになっていることに由来しています。
  1. ミズ・パックマン、ついにその名を馳せる。41年前のアーケードゲームが、パックマンの7年後に世界ビデオゲームの殿堂入りを果たしました。
  1. ニュージーランドでは、致命的な牛の病気がほぼ根絶された。保健当局によると、これまで国内で17万5,000頭以上の牛を死亡させてきた細菌感染症「マイコプラズマ・ボビス」は、現在、ひとつの農場以外では確認されていません。

📫 Quartz Japanは一日2通のニュースレターを配信しています。

🎧 Quartz Japanでは平日毎朝のニュースレター「Daily Brief」のトップニュースを声でお届けするPodcastも配信しています。

👀 TwitterFacebookでも最新ニュースをお届け。

👇 このニュースレターはTwitter、Facebookでシェアできます。転送も、どうぞご自由に(転送された方へ! 登録はこちらから)。