Skip to navigationSkip to content

原油価格が反発/中国の消費者物価が上昇/暗号資産のTerraUSDが暴落

5月12日、世界で今起きていること。原油価格が反発/中国の消費者物価が上昇/上海、ロックダウン措置の強化/暗号資産のTerraUSDが暴落/Apple TVの番組『セヴェランス』が映し出す現実

Image copyright: 香港で逮捕・保釈された陳日君枢機卿(写真中央)Reuters/Tyrone Siu
Retired bishop Cardinal Joseph Zen Ze-kiun attends the episcopal ordination of Bishop Stephen Chow in Hong Kong, China December 4, 2021. REUTERS/Tyrone Siu
This story was published on our Quartz Japan newsletter, A glimpse at the future of the global economy-in Japanese.
  • Kurumi Fukutsu
By Kurumi Fukutsu

Contributing Editor

Published

Daily Brief

世界で今起きている事

おはようございます。新しい行政長官が選ばれたばかりの香港で、90歳の枢機卿らが逮捕され、衝撃を与えています。今朝も「世界で今起きている事」をお伝えします。

Image copyright: 香港で逮捕・保釈された陳日君枢機卿(写真中央)Reuters/Tyrone Siu
Retired bishop Cardinal Joseph Zen Ze-kiun attends the episcopal ordination of Bishop Stephen Chow in Hong Kong, China December 4, 2021. REUTERS/Tyrone Siu
  1. 香港は反体制派活動家4人を逮捕した。香港国家安全維持法違反で逮捕された民主派重鎮の陳日君枢機卿を含む4人は全員、2019年のデモの際に民主化運動の指導者たちが設立し、すでに解散した「612人道支援基金」の運営に関与していました。
    Hong Kong arrested four opposition activists. All were trustees of the now-defunct 612 Humanitarian Relief Fund which was set-up by pro-democracy leaders during the 2019 protests.
  2. 原油価格は反発した。中国の新型コロナウイルス感染者数の減少や米国の消費者物価指数(CPI)の伸びの鈍化が報告され、需要への楽観的な見方が広がっています
    Oil prices rebounded. Reports of falling covid cases in China and decelerated US price inflation have fueled demand optimism.
  3. メタは、Evenstarプログラムにパートナーを追加した。米半導体大手のアドバンスト・マイクロ・デバイス(AMD)が加わったこのモバイルインターネットインフラは、コストを下げ、アクセスのない地域にブロードバンドを提供することを目的としています。一方、メタ(旧フェイスブック)はケニアの請負業者から労働力搾取と組合潰しで訴えられています。
    Meta added a partner to its Evenstar program. The mobile internet infrastructure aims to lower costs and provide broadband to regions that lack access. Meanwhile, Meta is being sued by contractors in Kenya for labor exploitation and union-busting.
  4. 中国の消費者物価が上昇した。4月の消費者物価指数(CPI)上昇率は予測を上回りましたが、米国のCPIの伸び率の縮小は、インフレがピークに達した可能性を示唆しています(詳しくは下記を参照)。しかし、ガーナのインフレ率は急上昇しています。
    China’s consumer prices rose. The April increase exceeded forecasts, while a lower US price growth rate signals inflation may have peaked (read more below). Inflation in Ghana, however, is skyrocketing.
  5. EUが、炭素市場改革について新たな合意に達した。この政策の見直しは、エネルギー関係者がマドリードで開催される欧州ガス規制フォーラムに集まるなかで行われました。
    The EU reached new agreements on carbon market reforms. The policy overhaul comes as energy stakeholders gather in Madrid for the European Gas Regulatory Forum.
  6. 上海はロックダウン措置の強化に動いた。トヨタやテスラ(Tesla)が生産停止を発表するなか、中国・上海での食料のデリバリーや病院へのアクセスはさらに制限されることになります
    Shanghai moved to tighten lockdown measures. Food deliveries and hospital access will be further restricted as Toyota and Tesla announced halts in production.
  7. 暗号資産のTerraUSDが暴落した。ドルと連動されることになっているこのステーブルコインは一時、元の価値の何分の一かにまで下落しました。
    Cryptocurrency TerraUSD took a tumble. The stablecoin, which is meant to be pegged to the dollar, dropped to a fraction of its original value.

What to watch for

待望のEV版モデル

A promotional picture of a blue Ford F-150 Lightning all-electric pickup out in nature with a tent erected at its back and its hood open to reveal a frunk, that is, a front trunk, packed with supplies.
Image copyright: Ford

米フォード(Ford)のEVピックアップトラック「F-150ライトニング」の発売が、目前に迫っています。米国のベストセラーピックアップトラックである「Fシリーズ」の待望のEV版モデルの試乗には報道陣が招待され、フォードは来年半ばまでに15万台のトラックを発売するために生産を増強しているといいます。

各メディアのコメントを見てみましょう。

  • CNN:フォードの「F-150ライトニング」は、同社がこれまでに作った中で最高のピックアップトラックかもしれない。
  • The Verge:わたしはテキサス州の丘陵地帯をピックアップトラックで走っている。ハゲタカが頭上を旋回し、道路は月明かりに照らされた大草原のように空いていて、生活は平穏無事に過ぎて行く。
  • Ars Technica:この車輪のついた巨大なバッテリーは、単に物を運ぶだけではない…。

一見すると、この画期的なEVの唯一の欠点は、ボンネットにある収納スペースの「フランク」(frunk)という残念なネーミングです(「フロント」と「トランク」を掛け合わせた言葉)。たとえガソリンを使わないとしても、大きくて消費エネルギーの多い車であることに、変わりはありません

The inflation roller coaster

インフレは続く…?

米国の消費者物価指数(CPI)の前年同月比の伸び率は、3月の8.5%に対して4月は8.3%と、わずかに緩やかになったとはいえ、依然として上昇を続けています。ただ、ロシアのウクライナ侵攻から米国の鳥インフルエンザまで、いくつかの「ワイルドカード」(予測不能な要素)が今後数カ月のあいだに、不安定な下落をもたらす可能性もあります。

  • 4月に上がったもの、下がったものは?
  • インフレの原因は?
    現在のインフレは、米国が主要な分野への投資を怠っていることを示しています。米国がさらに必要としているのは、半導体を作る労働者ではなく、半導体を作る工場なのです。家賃についても同様で、米国では過去20年間にわたって住宅が十分に建設されてこなかったため、家賃は上昇していくでしょう。
  • 政府にできることは?
    米連邦準備制度理事会(FRB)は、金利を引き上げています。その影響はすでに住宅ローンの利率の上昇に現れていて、不動産価格の上昇を抑制するはずです。一方、ジョー・バイデン大統領はこの夏、米国人がより安価なガソリンを給油できるようにする予定です。

SURPRISING DISCOVERIES

世界のトリビア

  1. 最近のロシアからの脱出には、有名人も含まれていた。パンクバンド「プッシー・ライオット」のマリア・アリョーヒナ(Maria Alyokhina)は、食品配達員に変装していたことを明かしました
  2. 日本の急激な少子化の解決策の一つは、ロボット工学から始まる。東京で人気の高い山手線は、今後の運転士不足も見据えて、日本最大の都市で初めて、乗客を乗せた自動運転を試験的に導入します。
  3. 言葉選びは慎重に。ウェブサイトは見ていますよ。インターネット上の多くのトップウェブサイトでは、ユーザーがオンラインフォームで「送信」をクリックする前に、ユーザーのテキスト入力を捕捉しています。
  4. Apple TVのヒット番組『セヴェランス』は、現実を映し出している。米国の労働者の実に64%が職場で本当の自分の姿を見せることを避けており、多くの人がまったく別の人格を身に付けています。
  5. イスラエルは出生率の論理をことごとく裏切っている。教育や経済を考慮すれば、出生率は中国や米国に近いはずですが、文化的な要因が優先しています。Quartz Obsessionポッドキャストの最新エピソード(英語)では、Quartzの香港支局長、トリッティ・ラヒリ(Tripti Lahiri)が人口置換水準の意味について説明しています。

📫 Quartz Japanは一日2通のニュースレターを配信しています。

🎧 Quartz Japanでは平日毎朝のニュースレター「Daily Brief」のトップニュースを声でお届けするPodcastも配信しています。

👀 TwitterFacebookでも最新ニュースをお届け。

👇 このニュースレターはTwitter、Facebookでシェアできます。転送も、どうぞご自由に(転送された方へ! 登録はこちらから)。

こちらはQuartz Japan会員限定の有料ニュースレターコンテンツです

米国発の経済メディア「Quartz」の日本版では、いまビジネスパーソンが知るべき最新グローバルニュースを平日毎日、メールボックスにお届けしています。
  • 毎朝グローバルニュースが届く・読む新習慣
  • 夕方・週末は世界のビジネストレンドを深堀り
  • 英語版を含むウェブ上の全記事が読み放題