Skip to navigationSkip to content

Daily Brief:マリウポリ、陥落

5月18日、世界で今起きていること。中国東方航空機の墜落は「人為的」/レバノンでヒズボラ連合が過半数割れ/ユーロ圏のGDPが上振れ/カンヌにゼレンスキー/2.5次元の素材が発見される

A camouflaged tank with a Z painted on it traveling on a rode with a soldier sitting on it holding a rifle.
Reuters/Alexander Ermochenko
A pro-Russia tank escorting buses of Ukrainian troops out of Mariupol.
This story was published on our Quartz Japan newsletter, a glimpse at the future of the global economy-in Japanese. ※ Quartz Japanのサービスは終了しました。詳細はこちらからご確認ください。
  • Sota Toshiyoshi
By Sota Toshiyoshi

Editor in Chief (Quartz Japan)

Published

Daily Brief

世界で今起きている事

おはようございます。今朝も「世界で今起きている事」をお伝えします。

A camouflaged tank with a Z painted on it traveling on a rode with a soldier sitting on it holding a rifle.
Image copyright: Reuters/Alexander Ermochenko
A pro-Russia tank escorting buses of Ukrainian troops out of Mariupol.
  1. ウクライナはマリウポリの支配権をロシアに譲り渡した。ウクライナ兵は、数カ月に及ぶ包囲戦の舞台となったアゾフスタル製鉄所を放棄するよう命じられました。
    Ukraine ceded control of Mariupol to Russia. Ukrainian soldiers were ordered to abandon the steel plant that had served as the site of a months-long siege.
  1. 3月に発生した中国東方航空機の墜落事故は、人為的なものだった可能性がある。機体から回収されたブラックボックスのデータは、コックピットにいた何者かが人為的な操作でボーイング737-800型機を急降下させた可能性を示唆しています。
    The China Eastern plane crash in March may have been intentional. Black box data suggests someone in the cockpit put the Boeing 737-800 into a nosedive.
  1. レバノンの議会選挙で、ヒズボラ連合が過半数割れ。イスラム教シーア派組織ヒズボラを中心とした政党連合は最大勢力を維持したものの、その流れはレバノンの支配層に厳しいものとなりつつあるのかもしれません。
    Hezbollah’s coalition lost its majority in Lebanon’s parliamentary elections. While the militant group and its allies retained a large bloc, the tide may be turning against Lebanon’s ruling class.
  1. 英国は北アイルランドの貿易協定を変更したい。英国がブレグジット後のルールを一方的に変更すれば、EUとの貿易紛争に発展する危険性があります。
    The UK wants to change its Northern Ireland trade agreement. Britain could risk a trade war with the EU if it alters the post-Brexit rules unilaterally.
  1. ユーロ圏の経済成長率は予想を上回った。ウクライナ戦争の影響にもかかわらず、1〜3月期のGDPは前期比0.3%増となりました。
    The euro zone posted better-than-expected economic growth. Its combined GDP rose 0.3% January-March from the previous quarter, despite fallout from the war in Ukraine.
  1. 保険会社のアリアンツは、大規模な詐欺事件で60億ドル(約7,760億円)を支払うことになった。独アリアンツ(Allianz)傘下の米資産運用会社、アリアンツ・グローバル・インベスターズUS(Allianz Global Investors US)は、同社のヘッジファンド・グループがもたらすリスクについて虚偽の説明をしたとして、詐欺罪を認めました
    Insurance company Allianz will pay $6 billion over a massive fraud scheme. Its investment subsidiary will also plead guilty to misrepresenting the risk posed by a group of its hedge funds.
  1. カンヌ映画祭は、ウクライナ大統領によるリモート演説で幕を開けた。ウォロディミル・ゼレンスキー大統領のスピーチは、映画がいかにして民主主義の理想を広めることができるかということに重点が置かれていました。
    The Cannes Film Festival kicked off with a remote address from Ukraine’s president. Volodymyr Zelenskyy’s speech centered on how cinema can spread democratic ideals.

What to watch for

さよなら、マクドナルド

Image copyright: マクドナルド1号店の大行列(1991年当時)Reuters

マクドナルド(McDonald’s)はロシアでの営業を停止していた期間に発生したコストを、1カ月あたり5,000万ドル(約64.6億円)と見込んでいます。これは同社の営業利益のわずか3%に過ぎませんが、ロシアに与えた影響はもっと大きいものだったでしょう。

企業がロシアから撤退することで、そこで働いていた従業員は“漂流”を余儀なくされます。ロシアは過去20年でも高水準なインフレ下にあり、そもそもウクライナ戦争以前でさえ多様で活気のある働き口を見つけるのが困難な経済状況にありました。今回のマクドナルドのロシア撤退によって解雇される可能性のある6万2,000人の従業員は、ロシアが旧ソビエト時代に逆戻りするさまをまざまざと見せつける“レンズ”だといえるでしょう。また、すでにこの国で進んでいる雇用危機をより深刻化することにもなりそうです。

「これはおそらく、この業界でも企業の社会的責任が発揮された最大規模の事例といえる。規模はもちろん、意思決定の大胆さという点でも」と言うのは、レストランコンサルタントのAaron Allen。「というのも、ただ乳製品を使わないとか、タンパク質を別のものに代えるといった類いの決定ではないのだから」

マクドナルドの意思決定は、外食産業の他の企業にとっても、自分たちはどうするのかを考えるよう背中を押すものとなりそうです。次にロシアから撤退する可能性があるといわれているのは、KFC、ピザハット、タコベルを所有するヤム・ブランズ(Yum! Brands)で、同社は、ロシアで2番目に大きな外食企業です。


Ryanair’s CEO has a lot to say…

4分間の“苦言”

世界の航空会社の幹部たちは、ボーイング(Boeing)のムラのあるパフォーマンスや航空機の納入の遅れに、さぞ歯がゆい思いをしていることでしょう。しかし、アイルランドの格安航空会社、ライアンエアー(Ryanair)CEOのマイケル・オリアリー(Michael O’Leary)ほど、その苛立ちを上手にことばにできた人はいないでしょう。彼曰く、ボーイングの経営陣は「頭のない鶏のように走り回っている」し、「再起動するか、尻を叩く必要がある」……。

Ryanair Chief Executive Michael O'Leary covers his mouth at a press conference.
Image copyright: REUTERS/Leonhard Foeger
Watch your mouth.

オリアリーCEOの、とっても愉快な4分間の演説を聞いてみてください(ただし、感受性の強い子どもの耳には入れないほうがよさそうです)。


SURPRISING DISCOVERIES

世界のトリビア

  1. 静かな道路の街では、クルマが1台も売れていない。ロックダウン下にある上海の4月の自動車販売台数は、ゼロでした
  1. 「返還された美術品」を展示する新美術館。かつて欧米に略奪されたのち返還されたアフリカ美術は、美術館オープンの日まで、セネガルのBët-biコミュニティおよび文化センターで一時的に展示されることに。
  1. 2.5次元の素材が存在するらしい。太陽電池から量子コンピュータまで、あらゆるものに利用できるそうです(どんな仕組みなのかは、どうぞ聞かないで…)。
  1. オレオとチキンとイカを合わせると…。台湾のピザハット(Pizza Hut)では、この3つの食材を組み合わせた新しいパイが登場し、これまでで最も独創的なオレオ・フレーバー・コンボになりそうです。
  1. ラーメンが新しいフライドポテトに。他の食のニュースとしては、バーガーキング・ジャパンが、世界的なジャガイモ不足に対応するため、クリスピーなラーメンの提供を始めました。

📫 Quartz Japanは一日2通のニュースレターを配信しています。

🎧 Quartz Japanでは平日毎朝のニュースレター「Daily Brief」のトップニュースを声でお届けするPodcastも配信しています。

👀 TwitterFacebookでも最新ニュースをお届け。

👇 このニュースレターはTwitter、Facebookでシェアできます。転送も、どうぞご自由に(転送された方へ! 登録はこちらから)。