Skip to navigationSkip to content

ロシア経済が減速/インド太平洋経済枠組み(IPEF)が始動/米国の粉ミルク不足

5月19日、世界で今起きていること。ロシア経済が減速/インド太平洋経済枠組み(IPEF)が始動/ロシア産石油への依存を解消する「REPowerEU計画」/米国の粉ミルク不足/空港で27ドルのビール

Image copyright: REUTERS/Evelyn Hockstein
U.S. President Joe Biden arrives at the White House following an interagency briefing on hurricane preparedness at Joint Base Andrews, in Washington, U.S., May 18, 2022. REUTERS/Evelyn Hockstein
This story was published on our Quartz Japan newsletter, A glimpse at the future of the global economy-in Japanese.
  • Kurumi Fukutsu
By Kurumi Fukutsu

Contributing Editor

Published

Daily Brief

世界で今起きている事

おはようございます。今朝も「世界で今起きている事」をお伝えします。

Image copyright: REUTERS/Evelyn Hockstein
U.S. President Joe Biden arrives at the White House following an interagency briefing on hurricane preparedness at Joint Base Andrews, in Washington, U.S., May 18, 2022. REUTERS/Evelyn Hockstein
  1. ロシア経済が減速した。第1四半期の報告では、成長率の減速が予想以上に大きく、第2四半期には「深い落ち込み」が予測されています。
    Russia’s economy slowed. First-quarter reports showed a higher slip in growth rate than expected, with predictions for a “deep plunge” in the second quarter.
  2. 中国がテック企業の取り締まり緩和を示唆。アナリストは、政策が大きく転換される可能性は低いとみています。一方、インターネット大手のテンセント(Tencent、騰訊)は、新型コロナウイルスと当局による規制の影響で、利益の急減を報告しました。
    China signaled a loosening of its tech crackdown. Analysts stated it’s unlikely to be a policy reversal. Meanwhile, internet giant Tencent reported a steep hit to profits from covid and regulatory restrictions.
  3. EUはロシアの石油から離れるために最大3,000億ユーロ(約40兆円)の投資を約束した。2030年までにロシア産石油への依存を解消することを目指す「REPowerEU計画」では、再生可能エネルギーへの移行を促進させることも目的としています。
    The EU committed €300 billion ($314 billion) to wean off Russian oil. The “REPowerEU Plan,” which seeks to end oil reliance by 2030, also aims to expedite a transition to renewables.
  4. 世界的な食糧危機に多国間協力で取り組む。とりわけ、アジア開発銀行、アフリカ開発銀行、米財務省などは数百億ドルを投じて支援する予定です。
    A multinational collaboration tackles the global food crisis. The Asian and African Development Banks, and the US Treasury, among others, will spend tens of billions of dollars on assistance.
  5. インド太平洋経済枠組み(IPEF)が始動する。ジョー・バイデン米大統領の経済圏構想は、近く予定されている日本と韓国への訪問でキックオフされることになります。
    The Indo-Pacific Economic Framework is set to launch. Biden’s economic initiative will kick off on his upcoming tour to Japan and South Korea.
  6. 中国は、経済データの漏洩の疑いで中央銀行元幹部を調査している。これは、中国当局の金融セクターに対する広範な汚職取り締まりの一環です。
    China is investigating a senior central banker for allegedly leaking economic data. It’s part of Beijing’s broader anti-corruption crackdown on the financial sector.

What to watch for

粉ミルクが足りない

Empty baby-food shelves in a shop in San Antonio, Texas.
Image copyright: Reuters / Kaylee Greenlee Beal
Empty baby-food shelves in a shop in San Antonio, Texas.

米食品医薬品局(FDA)の長官は、現在起きている「粉ミルク不足への対応について、本日(19日)、議会で証言する予定です。

  • 75%:米国の粉ミルク市場においてアボット・ラボラトリーズ(Abbott Laboratories)とミード・ジョンソン(Mead Johnson)の大手2社が占めるシェア
  • 40%超:米国の主要小売業者20社における5月時点での粉ミルクの在庫切れ率
  • 6:FDAに登録されている粉ミルクメーカーの数(このうち何社かは議会で証言する予定)。粉ミルク業界は構成企業数が限られているため、 余剰の在庫はない
  • 3分の2:生後6カ月までの間に、少なくとも部分的に粉ミルクに頼った米国の赤ちゃんの割合
  • 0週間:米国で保証されている有給での育児休暇期間。母乳育児をするには、十分ではない
  • 〜50%:米国で購入される粉ミルクのうち、低所得の母親を対象とした連邦政府の補助制度である女性乳児子どもプログラム(Women,  Infants, and Children program:WIC)の給付を受けた人が購入する量
  • 2,800万ドル(約36億円): 国内外の新工場を活用して粉ミルクの供給を増やすための、FDAへの緊急予算拠出法案

Understanding Sudden Infant Death Syndrome

「SIDS」を知ること

「乳幼児突然死症候群(SIDS)で子どもを亡くした両親のために、赤ちゃん自身に原因があったのであり、(両親の)過失はなかったことを伝えて、安心させてあげたい」──弁護士から睡眠研究者に転身し、SIDSに関する研究成果を最近発表したカーメル・ハリントン(Carmel Harrington)

米国政府が乳幼児の健康問題に取り組んでいるあいだに、研究者たちは別の問題を解決するために大きく前進しています。SIDSは年間数千人の健康な乳児が影響を受けており、両親が安全な睡眠環境を整えていても、明確な原因なく、眠っているあいだに死亡しています

30年近く前に自身の赤ちゃんをSIDSで亡くしたハリントンは、SIDSで亡くなった赤ちゃんは、ひっくり返ったり呼吸ができなくなったりしたときに、睡眠から覚めるのを助ける酵素が十分発達していないことを発見しました。この酵素レベルは生後6カ月を過ぎると安定する傾向にあり、そもそもなぜ酵素が不足しているのか、その原因は不明ですが、生物学的な構成要素を知ることで、悲しむ両親を少しでも安心させることができるかもしれません。

SURPRISING DISCOVERIES

世界のトリビア

  1. ネコはお互いの名前を知っている…。日本の研究は、ネコは身近なネコの呼び名を識別することができると指摘しています
  2. …ということは、家に閉じ込められたときに便利かもしれない。ドイツのある町では、ヒバリの巣を守るためにネコに屋内にいるよう命じました。
  3. NYのラガーディア空港でビールを飲むと、27ドル(約3,500円)かかるかもしれない…。売店の運営会社が、「全く弁解の余地がない」価格を客に請求していました。
  4. …そして、イタリアの高価なコーヒーは、警察沙汰になることがある。フィレンツェのコーヒーショップの客が、エスプレッソに2ユーロ(270円)を請求されたあと、警察に通報しました。

📫 Quartz Japanは一日2通のニュースレターを配信しています。

🎧 Quartz Japanでは平日毎朝のニュースレター「Daily Brief」のトップニュースを声でお届けするPodcastも配信しています。

👀 TwitterFacebookでも最新ニュースをお届け。

👇 このニュースレターはTwitter、Facebookでシェアできます。転送も、どうぞご自由に(転送された方へ! 登録はこちらから)。

こちらはQuartz Japan会員限定の有料ニュースレターコンテンツです

米国発の経済メディア「Quartz」の日本版では、いまビジネスパーソンが知るべき最新グローバルニュースを平日毎日、メールボックスにお届けしています。
  • 毎朝グローバルニュースが届く・読む新習慣
  • 夕方・週末は世界のビジネストレンドを深堀り
  • 英語版を含むウェブ上の全記事が読み放題