Skip to navigationSkip to content

Daily Brief:スリランカ、ついにデフォルト

5月20日、世界で今起きていること。バイデン、北欧2カ国のNATO加盟を支持/サル痘の確認相次ぐ/拡大する中国NEV市場/「スターライナー」打ち上げ/怒りを買った高級傘

REUTERS/Dinuka Liyanawatte/File Photo
FILE PHOTO: Men wait with their carts at a market, amid the country’s economic crisis in Colombo, Sri Lanka, April 7, 2022. REUTERS/Dinuka Liyanawatte/File Photo
This story was published on our Quartz Japan newsletter, A glimpse at the future of the global economy-in Japanese.
  • Kurumi Fukutsu
By Kurumi Fukutsu

Contributing Editor

Published

Daily Brief

世界で今起きている事

おはようございます。今朝も「世界で今起きている事」をお伝えします。

Image copyright: REUTERS/Dinuka Liyanawatte/File Photo
FILE PHOTO: Men wait with their carts at a market, amid the country’s economic crisis in Colombo, Sri Lanka, April 7, 2022. REUTERS/Dinuka Liyanawatte/File Photo
  1. スリランカは史上初めてデフォルトに陥った。エジプト、チュニジア、パキスタンなどが次にデフォルト(債務不履行)になる可能性があります。
    Sri Lanka defaulted on debt for the first time ever. Countries including Egypt, Tunisia, and Pakistan could be next to default.
  1. ジョー・バイデン米大統領は、フィンランドとスウェーデンのNATO加盟を支持した。しかし、大きな課題は、この2カ国の北大西洋条約機構(NATO)加盟に難色を示しているトルコを説得することです。
    US president Joe Biden supported Finland and Sweden’s NATO bid. But the big challenge will be persuading Turkey to accept the two countries’ place in the military alliance.
  1. インフレ?慣れることだ。国際通貨基金(IMF)のクリスタリナ・ゲオルギエバ専務理事は昨日(19日)、中央銀行が景気後退を引き起こすことなく物価上昇に対処するのは難しくなっていると述べました。
    Inflation? Get used to it. IMF chief Kristalina Georgieva said yesterday that it’s becoming harder for central banks to combat rising prices without causing recessions.
  1. 中国はロシアの石油をもっと買いたい。情報筋がブルームバーグに明かしたところによると、他の国々がロシア産エネルギーの輸入から手を引くなか、中国当局はこの機会に戦略的石油備蓄を補充しようとしているそうです。
    China wants to buy more Russian oil. While other countries back away from Russian energy imports, Beijing is seizing the opportunity to build up its strategic petroleum reserves, sources told Bloomberg.
  1. サル痘が米国、ヨーロッパ、カナダで確認されている。幸いにも、サル痘は通常、かかっても軽症で済み、ヒトからヒトへの感染スピードも遅いため、公衆衛生上のリスクは低いとみられます。
    Monkeypox is popping up in the US, Europe, and Canada. The good news is that it’s typically mild and slow to spread between humans, so the public-health risk is low.

What to watch for

拡大する中国NEV市場

Image copyright: REUTERS/Brendan McDermid/File Photo
FILE PHOTO: Chinese electric vehicle start-up Nio Inc. company logo is on display on its initial public offering (IPO) day at the NYSE in New York, U.S., September 12, 2018. REUTERS/Brendan McDermid/File Photo

中国の電気自動車(EV)メーカー、ニーオ(NIO、上海蔚来汽車)は本日(20日)、シンガポール証券取引所で上場する予定です。ニーオはニューヨーク証券取引所でも上場していますが、上場廃止の危機に直面している中国企業のリストに名を連ねています

ニーオはまだ黒字化したことがありませんが、革新的なバッテリー技術と売上・収益の伸びで投資家の興味をひきつけています。同社は、急速に拡大する中国の新エネルギー車(NEV)市場の一翼を担っていて、この種の市場としては世界最大規模です。

世界のEVに関するニュース(英語)をみてみましょう。


Can Boeing finally launch its future in space?

3度目の正直となるか

Boeing's CST-100 Starliner spacecraft is prepared for launch.
Image copyright: Reuters/Joe Skipper
Boeing’s CST-100 Starliner spacecraft is prepared for launch aboard a United Launch Alliance Atlas 5 rocket on a second unpiloted test flight to the International Space Station, at Cape Canaveral, Florida, U.S. May 18, 2022. REUTERS/Joe Skipper

米ボーイング(Boeing)の新型宇宙船「スターライナー」は、米東部時間5月19日18時54分(日本時間5月20日7時54分)に国際宇宙ステーション(ISS)へ向かって再び打ち上げられますが、3度目の正直となるのでしょうか。過去2回の挑戦はいずれも失敗しており、1回目(2019年)はソフトウェアの不具合とテスト不足が、そして2回目(2021年)はバルブの不具合が原因でした。

このような経緯からも、ボーイングが商業用宇宙船の製造において評価を得られるかどうかは分かりません。実際、ボーイングは「737Max」と「KC-46タンカー」の技術的な問題に直面しています。宇宙行きのロケットについては、NASAの安全アドバイザーが先週、ボーイングがパラシュートとバルブの問題について確認している最中だと話していました。

今回、打ち上げに成功すれば、厳しい状況に直面している同社にとって、明るい話題になるでしょう。そして、将来の打ち上げへの道を開くかもしれません。ただ、これは本当に難しいことなのです。


SURPRISING DISCOVERIES

世界のトリビア

  1. 幼児が母親の携帯電話を使って、マクドナルドのチーズバーガーを31個注文した。これをデリバリーしたドアダッシュ(DoorDash)は、新しいモットーを“So easy to use, even a 2-year-old can figure out.”(2歳児でも簡単に使い方を理解できる)にしてみたらどうでしょう?
  1. 米「リングリング」サーカスがカムバックする。今回は、動物の演技はありません(でもアクロバットはたくさんあります)。
  1. ある高級傘が中国のソーシャルメディア上で怒りを買った。グッチ(Gucci)とアディダス(Adidas)のコラボ傘は1万1,100元(約21万1,000円)もしますが、防水加工すらされていません
  1. インドの窃盗団が300年前のヒンドゥー教寺院から盗んだ14体の像を返還した。窃盗団は返還の理由を「怖い夢を見たから」と説明しました。

📫 Quartz Japanは一日2通のニュースレターを配信しています。

🎧 Quartz Japanでは平日毎朝のニュースレター「Daily Brief」のトップニュースを声でお届けするPodcastも配信しています。

👀 TwitterFacebookでも最新ニュースをお届け。

👇 このニュースレターはTwitter、Facebookでシェアできます。転送も、どうぞご自由に(転送された方へ! 登録はこちらから)。