Skip to navigationSkip to content

Daily Brief:欧州の天然ガス価格が高騰

7月28日、世界で今起きていること。ファーウェイが、新しいライドシェアリングサービスを発表/タイがカジノ解禁に向け一歩前進/マクドナルドがチーズバーガーを値上げ

This story was published on our Quartz Japan newsletter, A glimpse at the future of the global economy-in Japanese.
Published

Daily Brief

世界で今起きている事

おはようございます。今朝も「世界で今起きている事」をお伝えします。

Image copyright: REUTERS
  1. ヨーロッパの天然ガス価格は急騰した。ロシア国営ガス大手のガスプロム(Gazprom)は昨日(27日)、ガスパイプライン「ノルドストリーム1」の供給量を容量の20%まで削減しました。EUは、この動きを「政治的な動機」に基づくものだとみています。
    European natural gas prices soared. Russia’s Gazprom cut back Nord Stream 1 pipeline’s capacity by 20% yesterday in a move the EU has called “politically motivated.”
  1. インド初の5Gオークションで180億ドル(約2.4兆円)の高額入札。世界第2位のワイヤレス市場であるインドの通信事業者は、当初予想のほぼ2倍の金額を提示しました。
    India received $18 billion bids in its first 5G auction. National telecom operators in the world’s second-largest wireless market offered almost double initial estimates.
  1. 中国のファーウェイは、新しいライドシェアリングサービスを発表した。Petal Chuxing」は、中国のテック企業、ファーウェイ(Huawei、華為技術)の最近アップデートされたばかりのOSであるHarmony OS 3で運用される予定です。
    China’s Huawei announced a new ride-hailing service. Petal Chuxing will operate on the tech company’s freshly updated operating system, Harmony OS 3.
  1. タイがカジノ解禁に向け一歩前進。議員らは、投資家を呼び込むための「エンターテインメント複合施設」を許可するよう政府に提言し、これによって数千億バーツの追加税収を得られる可能性があるとしています。
    Thailand took a step towards permitting casinos. Lawmakers recommended the government allow “entertainment complexes” to draw in investors, potentially garnering the country hundreds of billions of baht in additional tax revenue.
  1. フィリピンでマグニチュード7.0の地震が発生した。地震は土砂崩れを引き起こし、建物を破壊し、少なくとも5人が死亡しました。
    Philippines was struck by a 7-magnitude earthquake. It triggered landslides, destroying buildings and killing at least five people.
  1. マクドナルドがチーズバーガーを値上げ。コスト高騰を理由に、英国とアイルランドの店舗では、14年ぶりに一部メニューを値上げすることになりました。
    McDonald’s raised the price of cheeseburgers. Citing rising costs, stores in the UK and Ireland will be increasing prices on some menu items for the first time in 14 years.

What to watch for

油断できないテック企業

Image copyright: REUTERS

「成長率は鈍化し、状況は概ね良好だが、嵐が来るかもしれないので、念のため景気対策をしておこう」──これが、今回の決算期における大手テック企業の明確な傾向です。

先週、動画共有アプリ「スナップチャット」を運営するスナップ(Snap)が第2四半期の売上とユーザー数の目標を達成できなかったと発表し、景気後退への懸念をあおりました。しかし、これまでのところ、本当に悪いニュースといってもほとんどはこの程度です。

アルファベット(Alphabet)の第2四半期の売上成長率は低下しましたが、広告収入は増加しました。同様に、マイクロソフトもアナリストの業績予想を下回りましたが、それでもクラウドビジネスが好調であったため、増益となりました。

両社の株価は決算発表後に上昇し、市場の懸念は一部で沈静化しました。しかし、テック企業は、将来的に雇用と成長の減速が予想されるため、油断できない状況からは抜け出せていません

The reality of paying for virtual reality

仮想現実の「リアル」

メタ(旧フェイスブック)は、スタンドアローン型VRヘッドセット「Meta Quest 2」の値上げを発表しました。木曜日(28日)に決算を発表する同社は、8月1日より、128GBモデルを300ドルから400ドル(日本価格は5万9,400円)に値上げします。また、256GBモデルの価格も500ドル(日本価格は7万4,400円)に引き上げるとしており、その主な要因は生産コストと輸送コストである述べています

メタの決算報告は、VR部門を黒字化させるよう求める株主からの圧力に同社が屈したことを示すものになるかもしれません。パンデミックによるサプライチェーンの混乱のなか、他のハイテク企業がデバイスを提供しにくい状況になっているときに、メタは赤字ながらもなんとか「Meta Quest 2」の提供を続けました。しかし、景気後退の懸念が高まるなか、グーグル、マイクロソフト、メタ、その他の大企業の雇用凍結により、メタバースへの「チケット」は割高になることが予想されます

SURPRISING DISCOVERIES

世界のトリビア

  1. 犬は人間の考えを読み取ることができるかもしれない。犬たちは、研究者のおやつの与え方を見て、「不器用」なだけなのか、「意地悪」なのかが分かるようです
  1. サウジアラビアは、全長105マイル(約168.9キロ)の都市を建設しようとしている。ザ・ライン」プロジェクトは、完全にグリーンエネルギーで運営され、車や道路を持たず、2030年までに150万人が住むとされています。
  1. ニュージーランドの名称を、植民地時代のものから解放する動きがある。新たな国名に、マオリ語でニュージーランドを意味する「Aotearoa」(アオテアロア)を使おうという運動です。
  1. ブロックチェーンゲームのプラットフォーム「NFT Worlds」が、独自バージョンのマインクラフトを作っている。マイクロソフト傘下のモヤン(Mojang)が、マインクラフト(Minecraft)に「NFTおよびブロックチェーン技術を統合」することを認めないと発表したためです
  1. アポロ11号の乗組員、バズ・オルドリンのジャケットが高額で落札された277万ドル(約3.78億円)超で落札され、宇宙関連アイテムとしては米オークション史上最高額です。

📫 Quartz Japanは一日2通のニュースレターを配信しています。

🎧 Quartz Japanでは平日毎朝のニュースレター「Daily Brief」のトップニュースを声でお届けするPodcastも配信しています。

👀 TwitterFacebookでも最新ニュースをお届け。