Skip to navigationSkip to content

「映画を初日デジタル配信」はハリウッドを救うのか

Dwayne Johnson at the premiere for 'Jungle Cruise' at Disneyland
REUTERS/Mario Anzuoni
Dwayne Johnson at the premiere for 'Jungle Cruise' at Disneyland
Published

attractive targets for pirates

海賊版の「格好の標的」

コロナ下において公共施設のロックダウンが広がり、映画館ビジネスは大きく後退することになった。米国では、各映画会社が収益悪化から脱却するため、改革を余儀なくされている。結果、ディズニーやワーナー・ブラザースなどが採ったのが、映画館での公開と同時にオンラインで作品を提供する、いわゆる「ハイブリッド・リリース・モデル」だ。

今夏、ワーナーメディアのCEO、Jason Kilarは「2015年や16年、17年のように、劇場公開されてからDVDやストリーミングサービスに公開されるまでの間の時間が非常に長かった時代に戻るとは考えていない」と述べている(PDF)。「ワーナー・ブラザースは、10作品について、(劇場公開)初日に『HBO Max』で放送する予定だ」

このハイブリッド戦略は、パンデミックによる興行収入減をある程度食い止めるのに役立ったかもしれない。が、海賊版にとって魅力的なターゲットになるという反作用も起こすことになった。そしてそれが如実にあらわれたのが、中国における米国映画市場だ。

some difficult decisions in China

「上映中止」の基準がわからない

そうした「ハイブリッド作品」のひとつ『ジャングル・クルーズ』は、人気スターのドウェイン・ジョンソンが主演を務めた“ディズニー期待の大作”だった(日本では7月末に公開)。

しかし、11月12日に中国で公開された同作の週末の興行成績は、330万ドル(約3.76億円)と精彩を欠いている。同作は7月、「Disney+」の加入者が30ドルでアクセスできる「Disney+ Premier Access」での最初の3日間では3,000万ドル(約32.2億円)を獲得し、同期間、米国の劇場では3,500万ドル(約40億円)の収入を上げている。比較すると、その差は明らかだ。

現在のところ、中国では「Disney+」を利用できない。しかし、米国で前もって(しかも早いタイミングで)『ジャングル・クルーズ』がデジタルリリースされたことで、世界中の映画ファンは通常よりもはるかに早く高品質なバージョンにアクセスできるようになった。「Disney+ Premier Access」が同作品をリリースした同じ日に、「The Pirate Bay」のような有名な海賊サイトは同作品のHD版コピーを公開している。


👀 Related Newsletter


『ブラック・ウィドウ』が7月に「Disney+ Premier Access」で公開されたときもそうだった。「The Pirate Bay」では、公開と同じ日にHD版が公開されている。とくに『ブラック・ウィドウ』については、中国では劇場公開されていないため、その海賊版は中国のマーベル・ファンにとってより魅力的なものとなっている。

マーベル映画の多くは、内容だけでなく、政治的な理由キャラクター描写、さらには作品に関わった俳優や監督のコメントなどのさまざまな理由で、中国当局によって上映禁止や無期限延期の処分を受けている。中国で公開される米国映画は、これらの予測不可能な問題によって影響を受けることになるのだ。

Marvel Studios
The Marvel film is poised to easily smash pandemic records at the box office.

An on-demand streaming firewall

締め出されるくらいなら

ハリウッドのスタジオは、中国の規制に合わせて検閲を行い、ときにはストーリーを変更している。しかし、北京からの規則は絶えず変化し、ゆえにスタジオは収益を強化するべく別の方法を模索することを余儀なくされることになる。だからこそ、ハイブリッドリリースは、中国公開に先んじて、しかも早期に実現させざるをえないのだ。

「当局の動きを予測するのは困難だ」と言うのは、ディズニーのアジア太平洋地域担当プレジデントのLuke Kang。「我々の仕事は、消費者がいる場所に行き、消費者を理解し、我々のブランドやフランチャイズがどこで共鳴するかを理解することだ」とも彼は語っている

ハイブリッド作品は、実際、米国の映画会社の中国での興行成績に少なからぬ影響を与えているようだ。ハリウッドが中国市場から完全に締め出される可能性も否定できない現状においては、「即日ストリーミング配信」によって得られる収益が、ハリウッド自らを救うことになるかもしれない。

 

原文:Why Hollywood’s streaming strategy is killing its releases in China


Quartzは、日本のメンバーシップ読者に世界の最新ニュースをニュースレターで配信しています。平日朝・夜と週末にメールで世界の「いま」がわかるニュースレターを、現在、7日間無料で体験できます。これまで配信してきたニュースレターのアーカイブもあわせてチェックしてみてください。

📬 Kick off each morning with coffee and the Daily Brief (BYO coffee).

By providing your email, you agree to the Quartz Privacy Policy.