Skip to navigationSkip to content

Daily Brief:緊張高まる台湾

This story was published on our Quartz Japan newsletter, A glimpse at the future of the global economy-in Japanese.
Published

DAILY BRIEF

世界で今起きていること

Quartz読者の皆さん、おはようございます。8月5日金曜日、今朝のDaily Briefをお届けします。

Image copyright: Eastern Theatre Command/Handout
  1. 台湾は自国の防衛システムが作動したと発表した。中国は4日、軍事演習の初日を迎えました。戦闘機のパイロット不足に悩む台湾の国防省は、中国人民解放軍の戦闘機22機が台湾の防空識別圏に侵入したと主張しています。
    Taiwan said its defense systems were activated. China rolled out its first day of military drills as Taiwan’s defense ministry, which faces a fighter pilot shortage, claimed 22 PLA aircraft entered ROC airspace.
  1. イングランド銀行は、1995年以来の大幅利上げを実施した。1年以上に及ぶ景気後退と13%のインフレが予測されるなか、金利を1.75%に引き上げました
    The Bank of England made its biggest rate hike since 1995. Rates were raised to 1.75% as authorities predict a more than year-long recession and 13% inflation.
  1. ロシアの裁判所は、米バスケットボール界のスターであるブリトニー・グライナーに禁錮9年を言い渡した。この判決により、米露間での受刑者交換の可能性が高まっています
    A Russian court sentenced US basketball star Brittney Griner to nine years in jail. The conviction raises the stakes of a potential prisoner swap.
  1. トヨタの利益は42%減少した…。世界的な半導体不足と高コストに見舞われるなか、日本の自動車メーカーであるトヨタの第1四半期の業績は予想を下回るものでした
    Toyota profits dropped 42%... The Japanese carmaker performed worse-than-expected in its first quarter amid a global chip shortage and high costs.
  1. … アリババは予想を上回る収益に。しかし、中国EC大手、アリババ(Alibaba、阿里巴巴)の成長率は、史上初めてほぼ横ばいとなりました。
    … while Alibaba reported better-than-expected earnings. But its growth flatlined for the first time ever.
  1. ロシアは、外交官向けの特別ショップで西側諸国からの輸入品を免税で販売する。ロシアはより多くの外貨を求めており、米ドルやユーロでの支払いに対応する予定です。
    Russia will sell duty-free western imports in special shops for diplomats. US dollars and euros will be accepted as payment as Russia seeks to accrue more foreign currency.
  1. 中国の平均気温は、世界平均よりも速く上昇している。中国の気候当局によると、1951年以降、世界平均では10年ごとに0.15℃ずつ気温が上昇しているのに対し、中国は0.26℃ずつ上昇しています。
    China’s average temperatures rose faster than the global average. According to its climate bureau, temperatures have gone up 0.26°C each decade since 1951, compared with the global average of 0.15°C.

What to watch for

気候変動と保険料

Image copyright: Sarah Meyssonnier

ここ数カ月、ヨーロッパでの前例のない猛暑から米ケンタッキー州の壊滅的な洪水まで、多くの自然災害が続いています。保険会社にとって、異常気象の増加は迷惑でもあり、ありがたくもあります。リスクが高まれば保険料も高くなるため、実際に災害補償を増やそうと考えている保険会社もあるほどです。

しかし、気候災害は高くつく傾向があり、今年は特に大きなコストを支払っています。スイス・リー・インスティテュート(Swiss Re Institute)の新しい分析によると、自然災害による保険損失は2022年上半期に350億ドル(約4.65兆円)に達しました。これは10年平均を22%も上回っています。一方、今年の経済全体の損失は、ほぼ例年並みです。

その理由は、いわゆる「カバレッジ・ギャップ」です。多くの災害は、損害保険が一般的でない中低所得国で発生しますが、気候変動の影響はいまや富裕国にも及びつつあります。それゆえ、前者の気候面で脆弱な地域に住む人びとが、保険料負担増に備える必要が生まれているのです。

Image copyright: Quartz

Ben & Jerry’s turns icy on Unilever

冷め切った関係?

グローバル企業であるユニリーバ(Unilever)は、強い道徳的観点をもつブランドを買収することで、自らをエシカルな企業と位置付けようとしてきました。2000年から続くベン&ジェリーズBen & Jerry’s)との提携は、同社にとって最も長い歴史をもち、いまのところ成功を収めている事例の一つです。

しかし、その関係も、イスラエルでのアイスクリーム販売をめぐる意見の食い違いから破綻を迎えそうです。と同時に、困難な状況に陥った企業が、問題への議論を避けたままでミッションを維持できるのか、という問いも突きつけています。

状況をキャッチアップするためのタイムラインは次の通り。

  • 2021年7月:ベン&ジェリーズは、パレスチナのヨルダン川西岸などイスラエル占領地でのアイスクリーム販売を停止する一方で、イスラエルの他の地域では販売を継続すると発表
  • 2022年6月:撤回を求める圧力にさらされたユニリーバは、この議論を避け、イスラエルにおけるベン&ジェリーズ事業を売却すると発表
  • 2022年7月:ベン&ジェリーズは、合併契約に違反したとして親会社であるユニリーバを提訴
  • 8月8日:両社は訴訟の審理のため、法廷に立つ

Surprising discoveries

世界のトリビア

  1. 死の意味が問われている。科学者たちは、心停止で死んだブタの臓器を蘇生させました
  1. 2022年6月29日、地球は過去最短の1日を記録した。何が地球の回転を速くしているのかは不明ですが、潮汐や氷帽の融解・再凍結に関係している可能性があります。
  1. ポッドキャストのゲストは、番組に出演するために最大5万ドルを支払う。無理強いはしませんが、その分、豪華なトークが保証されます
  1. グレートバリアリーフの大部分でサンゴのカバー範囲が増加した海洋無脊椎動物は、気候変動に対して脆弱なままですが、回復力を示しました
  1. 気候変動といえば...トンガの火山噴火は、一時的に地球の表面を暖める可能性がある。この爆発によって、オリンピックプール5万8000個分の水蒸気が大気中に放出され、オゾン層が弱まりました。